廃棄物リサイクル対策を強化する法律が了承、廃車放置の問題にメス

エコカー 燃費


環境庁や厚生省などは、廃棄物リサイクル対策を強化するための循環型社会基本法を自民党関係部会に提出し、了承された。

循環型社会基本法は、社会における物質の循環の確保を目的とする。法案では施策の優先順位として、原材料の効率的な利用による発生の抑制、使用済み製品やその中から取り出した部品をそのまま使用する再使用、再生使用、リサイクルできない場合の最終処分の前にエネルギーとして利用を促進していく。

国、地方公共団体、事業者、国民の責務についても体系化し、それぞれが責務において取り組むべき廃棄物リサイクル対策の基本的計画を策定するとともに、計画の実施状況を毎年フォローアップする。

今回の新法案の制定で、現在問題となっている廃車放置問題などを解決するため、廃車処理システムの厳格化が図られる見通し。




《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品