テクノロジーの記事一覧

二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ 画像
モーターサイクル

二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

ボッシュは二輪車向け「サイドビューアシスト」を、国内で初めて展示した。横浜パシフィコで開催中の「人とくるまのテクノロジー展2016」(自動車技術会主催)で、25日~27日まで見ることができる。

【ハーレー ロードスター 試乗】もっとハイペースで!そう主張する足まわり…青木タカオ 画像
モーターサイクル

【ハーレー ロードスター 試乗】もっとハイペースで!そう主張する足まわり…青木タカオ

上半身が前傾となるアグレシッブなライディングポジションは、跨った途端にスポーティな走りを予感させるが、前傾といっても「ハーレーにしては」という前置きが付く。

ハンドルを回さず引いて、内輪にブレーキをかけて曲がる…次世代電動アシストカー 画像
自動車 ニューモデル

ハンドルを回さず引いて、内輪にブレーキをかけて曲がる…次世代電動アシストカー

東京大学は、次世代モビリティ展(千葉・幕張メッセ、4月20~22日)で、自動車部品メーカー・ジェイテクトと共同で研究する、押し引き型操舵システムとスキッドステアを組む『Stavic-4H』を公開。「直感的な操舵インターフェースで吸い込まれるようなステアが特徴」という。

【東京モーターサイクルショー16】ワイズギアが提案する「究極のヘルメット」、多機能でもリーズナブル 画像
モーターサイクル

【東京モーターサイクルショー16】ワイズギアが提案する「究極のヘルメット」、多機能でもリーズナブル

ヤマハ発動機の純正アクセサリー専門の子会社、ワイズギアが今回の「東京モーターサイクルショー」で力を入れてPRしていたのが、今年6月発売予定のヘルメット『YJ-19 ZENITH』だ。そのキャッチフレーズは「究極のシステムヘルメット」だという。

【東京モーターサイクルショー16】二輪用リチウムバッテリー売れ行き好調で2品番追加…岡田商事 画像
モーターサイクル

【東京モーターサイクルショー16】二輪用リチウムバッテリー売れ行き好調で2品番追加…岡田商事

「東京モーターサイクルショー2016」には二輪車用部品を扱う企業も数多く出展した。そのうちの1社、岡田商事(本社・東京都港区)は今後発売予定の二輪用リチウムイオンバッテリーを披露した。

【東京モーターサイクルショー16】SYMが電動3輪モビリティのコンセプトを出展 画像
モーターサイクル

【東京モーターサイクルショー16】SYMが電動3輪モビリティのコンセプトを出展

3月24日から東京ビッグサイトで始まった東京モーターサイクルショー16で、台湾のSYMは、電動3輪モビリティのコンセプト「EX3」を参考出品した。

【ホンダ アフリカツイン】足着きに不安ならローシートを…オプションパーツも充実 画像
モーターサイクル

【ホンダ アフリカツイン】足着きに不安ならローシートを…オプションパーツも充実

2月22日に発売となった『CRF1000L アフリカツイン』。さまざまな純正オプションパーツも同時リリースされる。

【ハーレー ファットボーイS 試乗】1.8リットルエンジンならではの強烈な加速…青木タカオ 画像
モーターサイクル

【ハーレー ファットボーイS 試乗】1.8リットルエンジンならではの強烈な加速…青木タカオ

1990年にデビューして以来、ロングセラーモデルとなっている『ファットボーイ』。2016年モデルでは、排気量1801ccの上級バージョン『ファットボーイS』が発売された。

【ホンダ アフリカツイン】Vツインを捨て、パラレルツインを新開発 画像
モーターサイクル

【ホンダ アフリカツイン】Vツインを捨て、パラレルツインを新開発

ホンダのニューモデル『CRF1000L アフリカツイン』は、完全新設計の直列2気筒998ccエンジンを積む。

ヤマハ ボルト CスペックABS、60周年記念車は往年のレーシングカラーに 画像
モーターサイクル

ヤマハ ボルト CスペックABS、60周年記念車は往年のレーシングカラーに

鮮やかなイエローに黒のスピードブロック。1970~80年代のヤマハ・レーシングマシングが、アメリカやヨーロッパで採用した懐かしのグラフィックパターンだ。

【ホンダ アフリカツイン】オフロードでの走破性を考え、譲れなかったフォーク径45mm 画像
モーターサイクル

【ホンダ アフリカツイン】オフロードでの走破性を考え、譲れなかったフォーク径45mm

開発責任者の「43mm径で」という提案を真っ向から否定。「オフロードでの走りを考えると、45mm径にこだわりたかった」という。ホンダのニュー・アドベンチャースポーツ『CRF1000L アフリカツイン』の開発スタッフ、本田技術研究所二輪R&Dセンターの今井良幸氏の言葉だ。

【ホンダ アフリカツイン】新設計フレームは様々な状況に対応する剛性バランス 画像
モーターサイクル

【ホンダ アフリカツイン】新設計フレームは様々な状況に対応する剛性バランス

2月22日に発売したホンダのニューモデル『CRF1000L アフリカツイン』。そのメディア向け試乗会、技術説明会で、本田技術研究所二輪R&Dセンターの山倉裕氏は、自らが担当した車体設計について言及した。

【ホンダ アフリカツイン】これぞアフリカツイン! 胸を張って言える…開発責任者 画像
モーターサイクル

【ホンダ アフリカツイン】これぞアフリカツイン! 胸を張って言える…開発責任者

モトスポーツランドしどき(福島県いわき市)にて2月16~18日に開かされた『CRF1000L アフリカツイン』のメディア向け試乗会。開発責任者である本田技術研究所二輪R&Dセンターの飯塚 直氏は、こう言う。まず、アフリカツインの歴史について。

【ホンダ アフリカツイン】DCTに絶対の自信…悪路で威力を発揮する 画像
モーターサイクル

【ホンダ アフリカツイン】DCTに絶対の自信…悪路で威力を発揮する

新開発の水冷直列2気筒998ccエンジンを、真新しいシャシーに搭載したホンダ『CRF1000L アフリカツイン』。そのメディア向け試乗会と技術説明会は、発売日である2月22日を直前に控えた2月16~18日、モトスポーツランドしどき(福島県いわき市)でおこなわれた。

【ホンダ アフリカツイン】完全新設計のオフローダー、DCT仕様も 画像
モーターサイクル

【ホンダ アフリカツイン】完全新設計のオフローダー、DCT仕様も

昨秋の東京モーターショーで、本邦初披露となったニュー・アフリカツイン。『CRF1000L アフリカツイン』として2月22日、ついに国内仕様車が発売される。

BLUE COREエンジン搭載、ヤマハ NMAX125…ハイビーム時は3灯 画像
モーターサイクル

BLUE COREエンジン搭載、ヤマハ NMAX125…ハイビーム時は3灯

ヤマハ『NMAX125』が、3月18日に発売される。ヤマハ独自の“BLUE CORE”思想に基づき、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスし開発された「BLUE COREエンジン」を国内モデルで初めて搭載した。

【MotoGP】ホンダのペドロサ、スロースタートながら気合満点のシーズンイン 画像
モータースポーツ/エンタメ

【MotoGP】ホンダのペドロサ、スロースタートながら気合満点のシーズンイン

2つの大きなルール変更がある今シーズンのMotoGP。今年から全車共通のソフトウエアとなり、タイヤがブリヂストンからミシュランに変わるのだ。

【MotoGP】2016年、2つの大きなルール変更…ウインターテスト開始 画像
モータースポーツ/エンタメ

【MotoGP】2016年、2つの大きなルール変更…ウインターテスト開始

MotoGP 2016年シーズンの幕開けを告げる公式テストが、2月1日~3日の3日間、マレーシアのセパン・サーキットで行われた。

【オートモーティブワールド16】ゴリラ もカートもモーター駆動に…ミツバのコンバートEV提案 画像
エコカー

【オートモーティブワールド16】ゴリラ もカートもモーター駆動に…ミツバのコンバートEV提案

ミツバ(群馬県桐生市)は、自社の扁平ブラシレスモーターやSRモーターを採用した実車を複数展示。ホンダ『ゴリラ』をEV化した試作モデルや、3月から鈴鹿サーキットで走りだす、新アトラクション用EVカート『サーキットチャレンジャー』などに注目が集まっていた。

ヤマハ発動機とSRI、ヒト型自律ライディングロボットの共同開発に合意 画像
モーターサイクル

ヤマハ発動機とSRI、ヒト型自律ライディングロボットの共同開発に合意

ヤマハ発動機は、ヒト型自律ライディングロボット「モトボット」開発の第2フェーズ始動に伴い、現在のパートナーである「SRIインターナショナル」と、引き続き共同開発を行っていくことで合意した。

【CES16】BMWモトラッド、HUD付きヘルメットのプロトタイプを公開 画像
モーターサイクル

【CES16】BMWモトラッド、HUD付きヘルメットのプロトタイプを公開

BMWモトラッドは、米国ラスベガスで開幕したCES16で、ヘッドアップディスプレイ(HUD)付きヘルメットのプロトタイプを公開した。

ヤマハ YZF-R1M の超精密ペーパークラフトを公開…過去最高の精密度 画像
モーターサイクル

ヤマハ YZF-R1M の超精密ペーパークラフトを公開…過去最高の精密度

ヤマハ発動機は、ウェブサイト内で、ペーパークラフト最新作「超精密ペーパークラフト:YZF-R1M」を公開した。

【ハーレー ソフテイルスリムS 試乗】1.8Lエンジンはケタ違いの力強さ…青木タカオ 画像
モーターサイクル

【ハーレー ソフテイルスリムS 試乗】1.8Lエンジンはケタ違いの力強さ…青木タカオ

トルク、鼓動感、従来のツインカム96B(1584cc)とは次元が違う。搭載されるエンジンが、排気量を217ccほど増したツインカム110B(1801cc)だからだ。

【KTM RC250 試乗】ライバル凌ぐ本格装備でスポーツライディングを気軽に…青木タカオ 画像
モーターサイクル

【KTM RC250 試乗】ライバル凌ぐ本格装備でスポーツライディングを気軽に…青木タカオ

スーパースポーツルックで見た目からは前傾姿勢が厳しそうだと思いきや、ハンドルが高い位置にセットされ、長い時間乗っても疲れない。単気筒エンジンがゆえに微振動を感じるが、このアップライトなライディングポジションならツーリングもそつなくこなしそうだ。

二輪車ETC、防塵・防水で業界最高水準...日本無線 画像
自動車 テクノロジー

二輪車ETC、防塵・防水で業界最高水準...日本無線

日本無線(土田隆平社長)は11日、現在発売中の二輪車ETCの3つのモデルについて、国際規格による防塵・防水試験を実施。業界最高水準に達成していることを明らかにした。

Page 1 of 8
    1 2 3 4 5 > 次 >> 末尾