「最後の583系」車両展示会を開催---JR東日本 4月9日

鉄道 エンタメ・イベント

秋田車両センターに6両編成1本だけが残る583系。4月8日限りで引退することが決まった。
  • 秋田車両センターに6両編成1本だけが残る583系。4月8日限りで引退することが決まった。
JR東日本秋田支社は、4月8日限りで引退する元祖寝台電車「583系」の展示会を、4月9日に秋田駅2番線ホームで開催する。開催時間は9時30分から11時30分まで。

この見学会では、ホームから車両を見学する「外観見学」と車内を見学できる「車内見学」の2コースを設定。「外観見学」コースは、秋田駅中央改札口前の「583系車両展示会受付」で入場券か有効な乗車券を提示すると参加できる。受付時間は7時30分から11時頃まで。見学時間は15分間で、最終入場は11時15分。

「車内見学」コースは、3月17~23日の間にインターネットまたはハガキによる申込みが必要。募集人員は400人。申込みができるのは中学生以上で、1件につき複数の申込みや重複申込みはできない。ハガキによる申込みは当日消印有効。見学は1回あたり20人で行なわれ、5号車から3号車までを見学。見学時間は15分間。当選通知は3月31日に発送される。

なお、当日は係員に申し出れば両方のコースに参加できるが(「車内見学」は当選通知がなければ参加不可)、受付は各コースごとに行なわれる。

展示される583系は、1967年に世界初の寝台座席両用電車として誕生した581系の流れを汲む車両で、2013年にJR西日本の車両が一般営業列車から引退した後は、JR東日本の車両のみが団体列車で使用。JR東日本秋田支社の秋田車両センターに6両編成1本が最後まで残り、4月8日に秋田~弘前間で運行されるツアー列車「さようなら583系 日帰りの旅」を最後に引退することになった。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品