GO STRAIGHT!---JR北海道、今年の大谷選手ラッピング車両は足型も 4月上旬から運行

鉄道 エンタメ・イベント

2017年版大谷選手ラッピング車両のイメージ。「GO STRAIGHT !」の文字も描かれる。
  • 2017年版大谷選手ラッピング車両のイメージ。「GO STRAIGHT !」の文字も描かれる。
  • フィールドカーに描かれる大谷選手の足型イメージ。身長190cmを越える大谷選手の足の大きさを実感できるだろう。
JR北海道は、今年も4月上旬から北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平選手をモチーフにしたラッピング車両を運行する。

対象となる車両は、おもに小樽~札幌~新千歳空港間の快速『エアポート』に使用されている733系6両編成1本。側面には今年のラッピングテーマとして、「大谷選手の力強いストレートと東北・首都圏を結ぶ北海道新幹線のイメージを表現」したという「GO STRAIGHT !」の文字が描かれている。

また、6両のうち1両は「フィールドカー」と称して、座席付近の床上に大谷選手の原寸大足型が描かれるほか、側ドアの内側にも大谷選手のラッピングが施される。

大谷選手をモチーフにしたラッピング車両は、昨年6月4日に快速『エアポート』に初めて登場。バットを振る姿がラッピングされており、11月まで運行されていた。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品