ダブル連結トラックの公道走行試験---ヤマト運輸と福山通運も参加、21m超も開発

自動車 社会 行政

ダブル連結トラックの概要
  • ダブル連結トラックの概要
国土交通省は、ダブル連結トラック実験の参加者を追加すると発表した。

国土交通省では、トラック輸送の省人化を促進し、生産性向上を図るため、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能となる「ダブル連結トラック」の導入を目指して、昨年11月22日から、新東名を中心とするフィールドで実証実験を実施している。

現在試験に参加しているのは日本梱包運輸倉庫で、長さ21mのダブル連結トラック6台を、埼玉県狭山市~愛知県豊田市間、群馬県太田市~三重県鈴鹿市間で走行させている。

3月17日からヤマト運輸と福山通運も実験に参加する。ヤマト運輸は、車両長21mのダブル連結トラック2台を使って、神奈川県愛甲郡愛川町~愛知県豊田市で実験する。福山通運は車両長21mのダブル連結トラック1台を、静岡県裾野市~愛知県北名古屋市(岐阜県岐阜市経由)に走行させる。

ダブル連結トラックの実験参加者は引き続き公募しており、順次実験参加者が追加される予定。

一方、21m超~25mの車両についても現在、民間事業者が開発に向けて検討を進めている。
《レスポンス編集部》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品