【ジュネーブモーターショー2017】スパイカーのスパイダーに、ケーニグセグ製V8エンジン搭載

自動車 ニューモデル モーターショー

スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
  • スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
  • スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
  • スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
  • スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
  • スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
  • スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
  • スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
  • スパイカー C8プレリエイター・スパイダー(ジュネーブモーターショー2017)
オランダに本拠を置くスポーツカーメーカー、スパイカーカーズ(以下、スパイカー)は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、『C8プレリエイター・スパイダー』を初公開した。

同車は1年前のジュネーブモーターショー2016で発表された新型スポーツカー、『C8プレリエイター』のオープン版。C8プレリエイター・スパイダーもクーペ同様、オールアルミ製スペースフレームのシャシーに、斬新なデザインのボディが特徴。

違いは、パワートレイン。アウディ製の4.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンをベースに、スーパーチャージャーで過給されたユニットに代えて、スウェーデンのスポーツカーメーカー、ケーニグセグから供給を受ける5リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載する。

この自然吸気ドライサンプ方式の5リットルV8は、最大出力600hp、最大トルク61.2kgmを発生。アウディ製の4.2リットルV8の525hpを、75hp上回る。トランスミッションは6速MT。なお、今後生産されるクーペ版についても、ケーニグセグ製のV8を搭載していく。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品