国鉄寝台電車「583系」ついに引退…ラストランは4月8日 | レスポンス(Response.jp)

国鉄寝台電車「583系」ついに引退…ラストランは4月8日

鉄道 企業動向

秋田車両センターに6両編成1本だけが残る583系。4月8日限りで引退することが決まった。
  • 秋田車両センターに6両編成1本だけが残る583系。4月8日限りで引退することが決まった。
  • 583系車内の座席セット時の姿。4人用のボックス席が設けられている。
  • 583系車内の寝台セット時の姿。4人用ボックス席を上・中・下段の3段式寝台に変換することができる。
  • 583系は定期列車での運行を既に終了しており、近年は団体臨時列車を中心に運用されていた。
  • 583系は定期列車での運行を既に終了しており、近年は団体臨時列車を中心に運用されていた。

JR東日本秋田支社は2月17日、同支社に所属する583系特急形寝台電車が、4月8日の運行を最後に引退すると発表した。国鉄時代に製造された寝台車が、JRの営業路線から姿を消す。

583系は旧国鉄の特急形寝台電車。関西~九州向けの581系が1967年から運転を開始し、翌1968年には東日本方面でも運用できる583系が登場した。車内には中央通路の両側に4人用ボックス席を設けているが、ボックス席は3段式寝台(一部は2段式)に変換することが可能。昼間は座席の特急列車として運転し、夜は寝台特急として運転できるようになっていた。

老朽化のため廃車が進み、夜行列車自体の需要も小さくなったことから、2012年には定期列車での運転を終了。秋田支社の秋田車両センターに所属する6両編成1本だけが残り、団体列車などで使われていた。

秋田支社は583系の引退に伴い、引退記念の旅行商品を発売する。まず4月2日、「ありがとう583系 増田の蔵と日帰り温泉の旅」ツアーを実施。このツアーの専用列車を583系で運行する。運行区間と時刻は秋田9時39分発~湯沢11時05分着、十文字16時19分発~秋田17時35分着。

最終日となる4月8日は「さようなら583系 日帰りの旅」ツアーを実施。583系のツアー専用列車が秋田~弘前間を2往復する。運行時刻は秋田7時21分発~弘前9時27分着、弘前10時00分発~秋田12時30分着、秋田14時50分発~弘前17時07分着、弘前17時35分発~秋田20時23分着となる。

旅行代金は大人1人・秋田発着の場合、4月2日の「ありがとう」が9800円、4月8日の「さようなら」が8800円。2月20日14時から、秋田県内の「びゅうプラザ」などで予約を受け付ける。

このほか、4月8日の5時30分から秋田・弘前両駅で記念切符「『ありがとう583系』ラストラン記念入場券」(1セット210円)を発売。引退翌日の4月9日は、秋田駅2番線ホームで583系の車両展示会(車内見学は予約制の予定)が行われる。開催時間は9時30分頃から11時30分頃まで。

《草町義和》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品