レクサス LC に「F」計画…欧州で商標登録

自動車 ニューモデル 新型車

レクサスLC500h
  • レクサスLC500h
  • レクサスLC500h
  • トヨタが2月6日、欧州でレクサス「LC F」の名前を商標登録したことが記されているEUIPO(欧州連合の知的財産庁)の公式サイト
レクサスの新型ラグジュアリークーペ、『LC』。同車に、高性能版の「F」が追加される可能性が出てきた。

これは、EUIPO(欧州連合の知的財産庁)が開示しているデータから明らかになったもの。トヨタが2月6日、欧州でレクサス『LC F』の名前を、商標登録したことが記されている。

現行レクサスの「F」モデルには、『RC F』、『GS-F』がある。今回、欧州で商標登録されたLC Fは、LCの高性能モデルを指していると見られる。

LCはガソリンが「LC500」、ハイブリッドが「LC500h」の2グレード。LC500は、自然吸気の5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。米国仕様の場合、最大出力471hp、最大トルク55kgmを引き出す。LC500hは、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジン+モーターを搭載。米国仕様の場合、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力354hpを発生する。

欧州で商標登録されたLC Fが登場するとすれば、これら2グレードのスペックを上回るのは、間違いないところだろう。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品