「さよなら485系」JR東日本、定期運行終了で記念列車 3月18・19日 | レスポンス(Response.jp)

「さよなら485系」JR東日本、定期運行終了で記念列車 3月18・19日

鉄道 エンタメ・イベント

新潟~糸魚川間の快速列車で運用されている485系R編成。3月のダイヤ改正で快速が廃止され、同時に485系の定期運用も消滅する。
  • 新潟~糸魚川間の快速列車で運用されている485系R編成。3月のダイヤ改正で快速が廃止され、同時に485系の定期運用も消滅する。
  • 特急『北越』で使われていた頃の485系R編成(2002年6月)。R編成はリニューアル車で、外観や車内設備は485系の登場当初の姿とは大きく異なる。
  • 特急『ひばり』で使われていた頃の485系(1982年頃)。
JR東日本新潟支社は3月18・19日の計2日間、旅行商品専用の団体臨時列車『ありがとう485系』を運行する。定期列車での運行を終了する485系電車のリニューアル車を使用。乗客にリニューアル車の「最後の雄姿」(新潟支社)を楽しんでもらう。

485系は旧国鉄時代に導入された特急形電車。北海道から九州まで全国各地で運用されてきたが、新型車両の導入に伴い徐々に数を減らしてきた。現在は新潟~糸魚川間を結ぶ快速列車だけで運用されているが、3月4日のダイヤ改正に伴い廃止され、485系の定期列車での運用も消滅する。

この快速列車で使われているのは、485系の外装デザインや車内設備などをリニューアルした車両。「R」から始まる記号で管理されていることから「485系R編成」と呼ばれており、かつては『はくたか』『雷鳥』『北越』『いなほ』などの在来線特急で運用されていた。現在は6両編成2本(R26・R28編成)が残るだけとなっている。

新潟支社が2月13日に発表したところによると、3月18日は『ありがとう485系羽越』として新潟~酒田間で1往復運行。翌3月19日は『ありがとう485系信越』として新潟~直江津間を1往復する。運行時刻は『羽越』が新潟9時28分発~酒田11時56分着、酒田14時17分発~新潟17時28分着、『信越』が新潟9時30分発~直江津11時28分着、直江津13時00分発~新潟15時27分着。

これらの列車の利用を含んだツアーが、JR東日本の旅行商品として2月16日14時から発売される。旅行代金は新潟発着・普通車指定席・大人1名の場合、『羽越』が1万5600円、『信越』が1万4200円。
《草町義和》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品