JR東海、30周年で経営理念改定や制服一新…日本の大動脈に「貢献」

鉄道 企業動向

JR東海は国鉄から東海地方の在来線と東海道新幹線を引き継いだ。写真は飯田線。
  • JR東海は国鉄から東海地方の在来線と東海道新幹線を引き継いだ。写真は飯田線。
  • JR東海は国鉄から東海地方の在来線と東海道新幹線を引き継いだ。写真は東海道新幹線。
  • 制服の変更は6月に実施される。写真は新幹線乗務員の新制服のイメージ。
JR東海は2月7日、発足30周年にあわせて行う取組の概要を発表した。経営理念の改定や制服デザインの変更、30周年記念のイベント開催やグッズ販売などを行う。

発表によると、4月1日付で経営理念を改定。現在の「健全な経営による世の中への貢献」「近代的で愛され親しまれ信頼されるサービスの提供」「明るくさわやかで活力のある社風の樹立」を、「日本の大動脈と社会基盤の発展に貢献する」に変える。

同社は2027年、中央新幹線の品川~名古屋間を開業する予定。「業容が拡大していく中で、当社の使命及び社員の行動規範を社内外に示し、施策の着実な推進と社員の一体感向上を図」るため改定するという。また、経営理念とは別に「『安全』最優先の行動」「『信頼されるサービス』の実践」など5本の行動指針も定める。

新しい制服は6月1日から着用を開始する予定。デザインは公益財団法人日本ユニフォームセンターに委託した。このほか、既に発表している30周年記念ICカードの発売や、車両工場などの見学会の開催、割引旅行商品の発売などを行う予定だ。

JR東海は1987年4月、国鉄分割民営化に伴い発足。国鉄から東海道新幹線と東海地域の在来線を引き継いだ。2005年に上場され、翌2006年に完全民営化を果たしている。2011年5月には中央新幹線の建設・営業主体に指名され、2014年12月に着工した。
《草町義和》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品