JR四国ラッピング車「おさんぽなんよ」が鉄コレに…愛媛県など公認

鉄道 エンタメ・イベント

「鉄コレ」シリーズの「おさんぽなんよ」。四国で運行されているキハ54形ラッピング車を模型化した。
  • 「鉄コレ」シリーズの「おさんぽなんよ」。四国で運行されているキハ54形ラッピング車を模型化した。
  • 「鉄コレ」シリーズの「おさんぽなんよ」。四国で運行されているキハ54形ラッピング車を模型化した。
  • 愛媛県南予地域のキャラクターで装飾された先頭部も細部まで再現したという。
  • 愛媛県南予地域のキャラクターで装飾された先頭部も細部まで再現したという。
  • 商品化にあたっては愛媛県や南予9市町からの公認を受けている。
トミーテックは1月26日、「鉄道コレクション JRキハ54 0番代『おさんぽなんよ』」を発売すると発表した。キハ54形気動車のラッピング車両を模型化した。

キハ54形は1986年にデビューした国鉄気動車。四国向けの0番台と北海道向けの500番台がある。翌1987年の分割民営化に伴い設立されたJR北海道・JR四国の経営支援を目的に製造された車両で、車体はステンレス製。台車や変速機などは廃車発生部品を再利用している。四国向けの0番台は12両が製造され、現在は予土線や予讃線松山~宇和島間などの普通列車で運用されている。

トミーテックの発表によると、キハ54形0番台のラッピング車「おさんぽなんよ」を、同社の展示用鉄道模型シリーズ「鉄道コレクション」の商品として模型化した。縮尺は150分の1で、希望小売価格(税抜)は1800円。

「おさんぽなんよ」は、キハ54形1両(キハ54 7)の車体に愛媛県南予地域のキャラクター「みきゃん」「にゃんよ」などを描いたラッピング車両で、2016年2月から運行されている。トミーテックは「実車の車両への取材を綿密に行い、特徴的な正面の『みきゃん』『にゃんよ』ラッピングも細部まで再現」したとしている。商品化に際しては、愛媛県と南予9市町からキャラクター使用の公認認定をもらったという。
《草町義和》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品