【探訪、米国 ハーレーダビッドソン 博物館】展示車両450台、1日居ても飽きない | レスポンス(Response.jp)

【探訪、米国 ハーレーダビッドソン 博物館】展示車両450台、1日居ても飽きない

モーターサイクル エンタメ・イベント

アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
  • アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
  • アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
  • アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
  • アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
  • アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
  • アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
  • アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
  • アメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム。
米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソン・モーターカンパニー。114年という長い歴史は『ハーレーダビッドソン ミュージアム』で目の当たりにすることができる。

レストラン&バーが併設されていたり、定期的なイベントがおこなわれていることからライダーが集まってくるのはもちろん、ミルウォーキーの中心地から程近いとあって観光客らで絶えず賑わう。

金属とガラスを多用した建物は総面積が1万2000平方メートルにもおよび、内部には同社がコレクションする450台以上の車両が展示されている。

入場料は大人20ドル。エントランスに入って、まず目にするのは創業者4人の写真。ウィリアム・S・ハーレーが設計し、アーサー・ダビッドソンが鋳型をつくり、ウォルター・ダビッドソンが組み立てを担当した第1号車が完成したのは1903年のこと。ライト兄弟が世界最初の動力式飛行機によるフライトに成功した年だ。

ダビッドソン兄弟の長男、ウィリアム・A・ダビッドソンが1906年に加わり、07年に株式会社となった。ミュージアムにある第1号車は唯一現存する貴重なもので、空調が施されたガラスケースの中に収められている。

ハーレーのVツインエンジンは1909年に初めて量産され、排気量は当初811ccだった。現在まで脈々と受け継がれる『Vツイン』はハーレーのシンボル的存在ともいえるが、歴代エンジンを年代順にならべたディスプレイは、その伝統の重みを感じさせてくれる。
《青木タカオ》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品