スマホを使った遠隔自動駐車システムを開発…日立オートモティブシステムズとクラリオン

自動車 テクノロジー ITS

アプリの駐車プレビュー画面
  • アプリの駐車プレビュー画面
  • 出庫時の車両位置選択画面
  • アプリの駐車プレビュー画面
日立オートモティブシステムズとクラリオンは12月22日、スマートフォンを用いて車外から自動駐車・出庫できるリモートパーキングシステムを共同で開発したと発表した。

今回開発したリモートパーキングシステムは、クラリオンの周辺監視カメラシステム「SurroundEye」と、日立オートモティブシステムズの車両制御ユニットやステアリング、ブレーキなどのアクチュエーター制御技術を連携。スマートフォンのアプリを使って、遠隔操作で車両を自動で駐車・出庫できる。

同システムでは、スマートフォンの画面に車両周辺の映像と進行経路をリアルタイムに表示し、車両周囲の状況を把握しながら安全に操作できる。また、アプリは分かりやすいインターフェイスを採用しており、縦列・並列駐車など、さまざまな駐車スタイルを簡単に選択可能。無人で駐車・出庫できるため、特に車庫などの省スペースでの駐車に有効なシステムとなっている。

安全面では、自動駐車・出庫中にドライバーが危険を察知した場合、画面操作で瞬時に車両を停止できるほか、車両側に設置されているセンサーが周辺に歩行者や障害物などを検知すると、車両が自動停止する機能も備えている。

両社は今後、自動車メーカーなどへの提案を通じて、同システムの早期実用化をめざす。
《纐纈敏也@DAYS》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品