115店舗目のH-Dディーラー 慎重に選んだパートナー…HDJスチュワート社長

モーターサイクル 企業動向

H-D中川オープンの来客と記念撮影するハーレーダビッドソンジャパンの代表取締役社長スチュワート・ファレル氏。
  • H-D中川オープンの来客と記念撮影するハーレーダビッドソンジャパンの代表取締役社長スチュワート・ファレル氏。
  • 名古屋に新規オープンしたハーレーダビッドソン中川。
  • H-D中川オープンの来客と記念撮影するハーレーダビッドソンジャパンの代表取締役社長スチュワート・ファレル氏。
  • 名古屋に新規オープンしたハーレーダビッドソン中川。11月5日にオープン式典を開催した。
  • ハーレーダビッドソンジャパンの代表取締役社長スチュワート・ファレル氏。
  • 名古屋に新規オープンしたハーレーダビッドソン中川。11月5日にオープン式典を開催した。
  • 名古屋に新規オープンしたハーレーダビッドソン中川。11月5日にオープン式典を開催した。
  • ハーレーダビッドソンジャパンの代表取締役社長スチュワート・ファレル氏。
名古屋に新しいハーレーダビッドソンディーラーが誕生した。115店舗目となる『ハーレーダビッドソン中川』(愛知県名古屋市中川区中島新町4-2601)だ。

ハーレーダビッドソン ジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長の姿が、11月5日のオープニングセレモニーにあり、新店舗オープンにあたっての想いを聞くことができた。

「わたしたちはビジネスパートナーを選ぶ際、非常に慎重に選んでいます。ベストなバイクには、ベストなディーラーが必要であると考えているからです」

「ただ単に素晴らしいディーラーの環境というわけではありません。それは3つ。まず第一に専門家のチームでなければなりません。お客様のご要望にお応えする情熱を持ったチームでなければなりません」

「そして2番目が環境です。そこでお客様が友人をつくって、素晴らしいツーリング体験をお互いに共有するような環境です」

「3番目に自分のバイクをカスタマイズしたり、自分のルックスをパーソナライズすることができるような環境です」

「ですから、H-D中川の外山社長にお礼を申し上げたい。そのような素晴らしいディーラーをオープンしてくださり、そして素晴らしいチームをまとめてくださり、ありがとうございますと言いたいです」
(HDJ代表取締役社長 スチュワート氏)

『ハーレーダビッドソン中川』はどんな店舗なのか。同店の外山氏に説明してもらった。

「港に近いとあって、港そしてコンテナをイメージしています。外に向かって張り出したスペースがあり、見た目にもカッコイイです」

「中には和風のダウンライトがあり、バックカウンターの壁は一筆書きの円を描いた和風のデザインになっています。アメリカと日本文化が融合した、他のディーラーにはないデザインになっているのではないかと思います」

「そしてもっとも重要視したのは2階のラウンジです。繋がったベランダがありまして、およそ60人ほどの人が集められます。そこでは今後いろいろなイベントを開催するなどし、お客様にとって居心地の良いお店を目指しています」

「整備スペースはクローズド型ですが、お店の中に大きなガラス窓を設置し、ユーザーはそこから自分の愛車の作業風景を見ることができます。工場内の壁にはグラフィックを配置し、とてもクールなスペースになっています」(H-D中川 外山氏)

H-D中川は11月5日にオープン。土曜日と日曜日の2日間は予想を上回る来客があり、同店スタッフらは嬉しい悲鳴をあげつつ対応に追われた。
《青木タカオ》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品