野原家の街、春日部から世界へ…クレヨンしんちゃん電車51055編成走る

鉄道 エンタメ・イベント

クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
  • クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
  • クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
  • クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
  • クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
  • クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
  • クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
  • クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
  • クレヨンしんちゃんラッピング電車&バス出発式(東武鉄道春日部駅、11月3日)
「クレヨンしんちゃん」の連載が始まって25年。作品の舞台である春日部と、都心を結ぶ東武鉄道に25周年ラッピング車両が走り始めた。11月3日の出発式では、同社鉄道事業本部・都筑豊本部長は「フォローの風が吹いている」と伝えた(写真33枚)。

東武クレヨンしんちゃんラッピング電車を任せられた車両は、同社50000系50050型、51055編成。東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線直通対応車。西武鉄道の鋼製電車を想わせるこの黄色い電車が、伊勢崎線 久喜・日光線 南栗橋と田園都市線 中央林間を行き来する。

春日部駅で3日に行われた出発式には、春日部市・石川良三市長、東武鉄道 鉄道事業本部・都筑豊本部長、春日部市議会・会田幸一議長、朝日自動車 代表取締役・神崎満社長、埼玉県産業労働部・立川吉朗部長、双葉社代表取締役・戸塚源久社長らが登壇。都筑本部長は、しんちゃんを想いながらこう伝えた。

「この50050型車両は、スカイツリーラインをはじめ、メトロ、東急に乗り入れる車両。埼玉県の沿線利用者だけでなく、東京都や神奈川県の沿線の人たちの目にも触れる。このクレヨンしんちゃん電車を見た人たちが、春日部という地に興味を持ってもらい、訪れてもらい、作品や地域の魅力を感じてほしい。しんちゃんは、アニメとしても優れた作品。訪日外国人も注目し、フォローの風が吹いている。外国人観光客にもアピールできるはず」

このクレヨンしんちゃんラッピング電車のほか、春日部駅を発着する粕壁~幸松、春日部駅~増戸・豊春、庄和北・南の3ルートで運行されている朝日自動車の路線バス(日野『ポンチョ』3台)にも「クレヨンしんちゃんラッピング」が施される。こうしたラップ車両は2017年5月中旬までの予定。
《大野雅人》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品