【パリモーターショー16】日産 マーチ 新型、車載インフォが充実

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 マイクラ(マーチ)新型
  • 日産 マイクラ(マーチ)新型
  • 日産 マイクラ(マーチ)新型
  • 日産 マイクラ(マーチ)新型
  • 日産 マイクラ(マーチ)新型
  • 日産 マイクラ(マーチ)新型
  • 日産 マイクラ(マーチ)新型
  • 日産 マイクラ(マーチ)新型
  • 日産 マイクラ(マーチ)新型
日産自動車が9月末、フランスで開幕したパリモーターショー16でワールドプレミアした新型『マイクラ』(日本名:『マーチ』)。専用のオーディオをはじめ、車載インフォテインメントが充実する。

新型マーチの専用装備のひとつに、ボーズ(Bose)社と日産自動車のコラボレーションによって開発された「ボーズ・パーソナル・ サウンドシステム」がある。

このサウンドシステムは、6スピーカー。運転席のヘッドレストに、2つのボーズ製「Ultra Nearfield」スピーカーを内蔵する。ボーズの「Personal Space」バーチャルオーディオテクノロジーとの組み合わせにより、ドライバー向けに最適化され、日産によると引き込まれるような音質を実現しているという。

ドライバー以外の乗員は、フロントドアに搭載されたパワフルな低音性能を発揮するボーズ「Super 65」スピーカーと、クリアなサウンドを届ける左右のAピラーに配置されたツイーターで、サウンドを楽しむことができる。

さらに、新型マーチには、7インチのフルカラーセンターディスプレイを採用。オーディオシステム、カーナビゲーション、携帯電話、アップル社の「CarPlay」を経由して、ダウンロードしたアプリケーションやSiriの音声コントロールを利用できるようにしている。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品