【スバル インプレッサ 新型】先行予約開始、国産初の歩行者保護エアバッグを装備

自動車 ニューモデル 新型車

スバル 新型インプレッサ SPORT2.0i-S EyeSight(プロトタイプ)
  • スバル 新型インプレッサ SPORT2.0i-S EyeSight(プロトタイプ)
  • スバル 新型インプレッサ G42.0i-S EyeSight(プロトタイプ)
富士重工業は、今秋発売予定の新型『インプレッサ』の先行予約を9月1日より開始した。

第5世代となる新型インプレッサは、富士重工業が中期経営ビジョン「際立とう2020」において次世代モデルの第1弾として位置づける戦略車。次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」をはじめとした様々な新技術を投入し、「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現した。

ボディタイプは5ドアハッチバック「SPORT」と4ドアセダン「G4」を設定する。エンジンは新開発となる2.0リットル直噴エンジンと1.6リットルエンジンを用意。全面改良を施したリニアトロニックとの組み合わせで心地良い加速性能を実現する。

また、国産初となる歩行者保護エアバッグとEyeSight(ver.3)を全車に標準装備。新プラットフォーム採用により危険回避性能を向上するとともに、衝撃エネルギー吸収量を現行車比1.4倍にするなど、衝突安全性能を飛躍的に高めている。
《纐纈敏也@DAYS》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品