スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP | レスポンス(Response.jp)

スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

自動車 ニューモデル 新型車

グローバルNCAPで最低のゼロ評価となったスズキ セレリオ
  • グローバルNCAPで最低のゼロ評価となったスズキ セレリオ
  • スズキ・セレリオ
  • スズキ セレリオ
  • スズキ セレリオ
グローバルNCAPは5月17日、スズキのインド法人、マルチスズキの『セレリオ』の衝突安全テストの結果を公表した。最高5つ星のところ、星ゼロの最低評価となった。

グローバルNCAPは、英国ロンドンに拠点を置き、世界9か国のNCAP(新車アセスメントプログラム)機関が参加する中立団体。ANCAP(オーストラリア)、アセアンNCAP、C-NCAP(中国)、ユーロNCAP、JNCAP(日本)、KNCAP(韓国)、ラテンNCAP(南米)、US NCAP(米国)、米国道路安全保険協会(IIHS)が参加している。

グローバルNCAPでは、自動車が安全性の最高評価5つ星を獲得するための基準を定義。欧州では、成人・子ども用乗員保護システムなどの衝突回避および被害軽減システム、歩行者保護システム、横滑り防止装置(ESC)、自動緊急ブレーキシステム(AEBS)、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムなどの支援システムが、この評価を達成するための基本要件となっている。

今回、グローバルNCAPが公表したマルチスズキのセレリオの衝突安全テストの結果は、成人乗員保護性能が最高5つ星のところ、星ゼロの最低評価。インド仕様のセレリオには、エアバッグ、前席シートベルトプリテンショナー、ABSなどの安全アイテムが装備されていない。

また、子ども乗員保護性能に関しては、最高5つ星のところ、星ひとつの低い評価となっている。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品