メルセデスベンツ、ヤフオクドーム VIPルームのネーミングライツ契約を締結

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツ日本(MBJ)は3月29日、福岡ヤフオク!ドームに設置されている「プレミアムスイート」のネーミングライツについて契約を福岡ソフトバンクホークスと締結したと発表した。

プレミアムスイートは、ヤフオクドームの貴賓室「スーパーボックス」4階部分に設置された16室限定のVIPルーム。専用のエントランス、ラウンジとサービスアテンダントを配置し、ワンランク上のもてなしを提供する。

今回の契約に伴い、「メルセデス・ベンツ プレミアムスイート」と名称を新たにし、エリア内の通路やサインにメルセデスベンツのロゴを掲出するほか、1Fの専用エントランスに、メルセデスベンツの最新モデルや話題のモデルを展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品