【ロールスロイス ドーン】デザインもコンセプトも妥協を許さないモデル

自動車 ニューモデル 新型車

ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
ロールスロイス『ドーン』は、デザインにおいても、コンセプトにおいても全く妥協を許さない贅沢を極めたモデルだという。

そのデザインについて、ロールス・ロイス・モーター・カーズアジア太平洋地域 商品マネージャーのスヴェン・グルンヴァルト氏は、「キャラクターの強い特徴的なフロントフェイスをしており、一つ一つのラインがダイナミズムを表現している」と話す。具体的には、「途切れのないラインがフロントバンパーから一番後ろまで一直線に流れていることや、ボンネット中央の3本のラインもダイナミックなキャラクターを強く伝えている」という。

Aピラーは傾斜が強くつけられた。その理由は「ルーフを閉めたときに流線型になることでダイナミズムをうまく伝えるという役割を持たせたからだ」とグルンヴァルト氏。また、サイドのショルダーラインがごくわずかにリアに向かって上がることにより、「リアシートの乗員が繭の中に大切に包まれているような安心感を生み出している。そのリアシート中央上部にはウッドパネルがあり、これはセンターコンソールから流れるようにインストルメントパネルまでつながっている」と特徴を説明した。

ドーンのエンジンは、V型12気筒で563馬力、100km/hまで約5秒間で加速させる。「ただしロールスロイスの場合には、何秒で加速できるかなど数字“だけ”が重要だとは考えていない」とグルンヴァルト氏。「この機能にプラス、ユーザーのライフスタイルに寄り添えるかが重要」と述べる。「一部の大切なユーザーが自分たちのライフスタイルのために、その実現のために選ばれるのがロールスロイスだからだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  5. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  8. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  9. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら