X線天文衛星「ひとみ」、電波正常に受信できない状態…衛星の状態も確認できず

宇宙 テクノロジー

X線天文衛星(ASTRO-H) 「ひとみ」軌道上外観図
  • X線天文衛星(ASTRO-H) 「ひとみ」軌道上外観図
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2月17日に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)が3月26日の運用開始時に衛星からの電波を正常に受信できず、その後も衛星の状態を確認できない状況が続いていると発表した。

3月28日午前11時の時点で、受信できていない状態が続いている。通信不良の原因は不明だが、短時間ではあるものの、衛星からの電波を受信できたことから引き続き衛星の復旧に努めているとしている。

JAXAでは、復旧原因調査に万全を期すため、理事長を長とする対策本部を設置した。「ひとみ」の通信復旧と原因調査について全社的に取り組むとしている。

また、JAXAによると、米国JSpOC(国防総省戦略軍統合宇宙運用センター)から、衛星が複数の物体に分かれている可能性があるとの情報が公表されている。複数の物体を確認したとされる時刻以降、短時間、衛星からの電波を受信できたことから、衛星の通信異常との因果関係について確認中としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 「みずがめ座デルタ南流星群」を生中継 7月28日21時からウェザーニューズ

    「みずがめ座デルタ南流星群」を生中継 7月28日21時からウェザーニューズ

  2. ペルセウス座流星群の観察チャンス---8月12日を中心に

    ペルセウス座流星群の観察チャンス---8月12日を中心に

  3. 【夏休み】ホンモノのロケット施設で泊まりこみ宇宙体験

    【夏休み】ホンモノのロケット施設で泊まりこみ宇宙体験

  4. 「宇宙エレベーター」実現めざし8回目の学会、環境保護の視点も

  5. H3ロケットの開発などのチャレンジを紹介するシンポジウム 7月28日

  6. 【夏休み】油井宇宙飛行士の“おいしい話”と“すごい話”

  7. シエラ・ネバダ、有人宇宙船『ドリームチェイサー』開発でJAXAと協力へ

  8. 閉鎖環境滞在の被験者を募集…宇宙飛行士の健康状態を研究

  9. 国立科学博物館「はやぶさ」が採取した小惑星イトカワの微粒子を展示 光学顕微鏡で実物を拡大表示

  10. 三菱重工、品川本社ビルで「ASTRO-H」打ち上げのパブリックビューイングを開催…2月12日

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら