【ニューヨークモーターショー16】日産 GT-R 2017年型、内外装の進化を見る

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 GT-R の2017年型(ニューヨークモーターショー16)
  • 日産 GT-R の2017年型(ニューヨークモーターショー16)
  • 日産 GT-R の2017年型(ニューヨークモーターショー16)
  • 日産 GT-R の2017年モデル
  • 日産 GT-R の2017年モデル
  • 日産 GT-R の2017年モデル
  • 日産 GT-R の2017年モデル
  • 日産 GT-R の2017年モデル
  • 日産 GT-R の2017年モデル
日産自動車が3月23日、ニューヨークモーターショー16で初公開した『GT-R』の2017年モデル。メカニズムだけでなく、内外装も進化している。

外観は、フロントからリアに至るまで、大幅にデザインを変更。フロントでは日産ブランドのデザイン言語、「Vモーション」を採用。マットクローム仕上げを施し、最新のメッシュパターンを採用した新造形グリルとした。この新グリルは、開口部の拡大により冷却性能を向上させながら、空気抵抗を低減することで、従来の空力性能の維持を可能にした。

また、グリルから流れる明快なキャラクターラインが特徴のエンジンフードは、剛性の向上により超高速域での変形を抑制。さらに、新形状のフロントスポイラーもレースカー直系の血統を感じさせるデザインであると同時に、高レベルのダウンフォースを保つ。サイドのデザインは、GT-Rらしい流線型のフォルムはそのままに、さらなる空気流改善のためにサイドシル前部を張り出させた。

リアでは、新形状のサイドアウトレットなど、空気流改善のためのデザインを採用。新デザインのシルバーフィニッシュのディフューザーを囲むバンパー下部と、ボディカラーを分けるラインは、リアビューをよりワイドでアグレッシブに見せるために高い位置に変更。こうした外観の変更が、よりスポーティでシャープに見せるだけでなく、空気抵抗、ダウンフォース、冷却性能という3つの性能を、高次元でバランスさせる。

内装も大幅に改良。インパネには、職人による精巧なステッチを施した高品質レザーを使用。コックピットには、安定感を演出する水平方向の流れを採用しつつ、メーターからセンターコンソールまで、ドライバーを包み込むように配置することで、ドライバー重視の空間を演出した。ナビゲーションのディスプレイは7インチから8インチに拡大し、操作性に優れた大型のアイコンを採用。また、カーボン製センターコンソール上にITコマンダーを配置することで、前方へ身を乗り出すことなく、モニターを操作できるようにした。

内外装には鮮やかな色を採用。ボディカラーでは「ブレイズメタリック」が新色。プレミアムエディション専用のセミアニリンレザーの内装には、これまでの「ブラック/アンバーレッド」、「ブラック/アイボリー」の2色に、「ブラック/サドルタン」と「サムライブラック」の新色2色を加え、合計4色から選択可能とした。

日産自動車の青木護エグゼクティブ・デザイン・ダイレクターは、「GT-Rは日産のドライビングパフォーマンスの象徴。深化はこれからも続く」と、コメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  2. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

    これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  3. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  4. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  5. ランボルギーニ アヴェンタドール に名車「ミウラ」仕様…限定50台がほぼ完売

  6. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  7. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  8. アウディ A5 クーペ 新型、欧州での受注を開始

  9. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  10. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】イタリアで先行公開…表情一新

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら