鈴鹿8耐タイトル奪還へ…TSRがルマン24時間に参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

F.C.C. TSR Hondaが鈴鹿8耐タイトルに向けルマン24時間に参戦
  • F.C.C. TSR Hondaが鈴鹿8耐タイトルに向けルマン24時間に参戦
  • F.C.C. TSR Hondaが鈴鹿8耐タイトルに向けルマン24時間に参戦
  • F.C.C. TSR Hondaが鈴鹿8耐タイトルに向けルマン24時間に参戦
  • F.C.C. TSR Hondaが鈴鹿8耐タイトルに向けルマン24時間に参戦
“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8耐で知られる世界耐久選手権シリーズ。今年は、4月8日~10日のフランスのルマン24時間で幕を開け、第2戦が6月11日のポルトガルでの12時間、そして7月31日に決勝レースが行われる鈴鹿8耐は第3戦で、8月26~27日にドイツのオーシャーズレーベンで行われる8時間が最終戦となる。

開幕戦ルマン24時間は、4輪での大会も有名だが、4輪が公道を一部封鎖したサルテサーキットで行われるのに対して、2輪の場合はクローズドサーキットのブガティサーキットでの戦いだ。また、鈴鹿8耐のスタートシーンでもおなじみの「ルマン式スタート」は、このルマン24時間でのレースからこう呼ばれている。

そしてこのルマン24時間に今年、日本チームがエントリーしている。それが日本のトップコンストラクターのF.C.C. TSR Hondaだ。昨年の鈴鹿8耐で2位になったチームだが、2006年、2011年、2012年と3度の優勝経験を持つ。さらに2010年と2011年には全日本JSB1000チャンピオンチームになるなど、まさに日本を代表するチームである。

ライダーは、同チームから全日本JSB1000に参戦する渡辺一馬、ブガティサーキットをホームコースとするアラン・テシェ、そしてベテランのダミアン・カドリンの3人。マシンはTSRがフルチューンしたHonda CBR1000RRルマンスペシャルだ。

F.C.C. TSR Hondaの藤井正和総監督は、「過酷なルマン24時間にあえて挑戦して我々の力を試し、それを世界中にアピールしたい。このルマン24時間を戦うことで、来る鈴鹿8耐も盤石な状態で挑むことができ、2012年以来となる優勝を奪還したいと考えている」と語る。
《佐久間光政》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. レクサス F オーナー向けドライビングレッスン 富士で9月23日

    レクサス F オーナー向けドライビングレッスン 富士で9月23日

  2. スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

    スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

  3. 【新聞ウォッチ】お洒落な街・代官山にクラシックな歴代クラウン大集合

    【新聞ウォッチ】お洒落な街・代官山にクラシックな歴代クラウン大集合

  4. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

  5. レクサスで行くネスレマッチプレーレクサス杯観戦ツアー、特別な3日間

  6. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  7. 【F1 ベルギーGP】途中赤旗中断の混乱がありながらも、ロズベルグがポール・トゥ・ウィン

  8. 世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

  9. 【新聞ウォッチ】三菱航空機の「MRJ」空調トラブルで2日連続の引き返し

  10. 【SUPER GT 第6戦】GT300決勝…スバルBRZの井口卓人&山内英輝が今季初優勝を飾る

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら