【東京モーターサイクルショー16 動画】カワサキ、世界王者「ZX-10R」を讃えるKRTカラー先行投入

モーターサイクル エンタメ・イベント

カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)
  • カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)
  • カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)
  • カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)
  • カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)
  • カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)
  • カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)
  • カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)
  • カワサキブース(東京モーターサイクルショー16)



カワサキでは2015年スーパーバイク世界選手権チャンピオン獲得を記念したWSBゾーンを展開。

年間王者に輝いた「ZX-10R」&ジョナサン・レイの活躍を映し出す大スクリーンが設置されたグリーンカーペット上には、250ccから1000ccまでのNinja各シリーズのKRT(カワサキ・レーシング・チーム)エディションをずらりと展示。今年もすでに4勝を挙げるなど快進撃を続ける2016年型ZX-10Rだが、そのファクトリーカラーを忠実に再現したKRTエディションを先行して市販車でリリースするという新たな試みにトライしている。また、マットブラックベースが渋いウインターテストエディションは欧州での思わぬ人気を反映して実現した特別カラーとなっている。

もうひとつの注目は先日に国内導入がアナウンスされたスーパーネイキッドZシリーズの末弟「Z125 PRO」。FI制御の空冷4スト単気筒SOHC2バルブエンジンを軽量コンパクトな車体に搭載し、倒立フォークやオフセットレイダウンリヤサスペンション、前後ペタルブレーキディスクなど本格的な装備を誇るなど、原二クラスで“Zらしさ”を表現したミニスーパーネイキッドだ。

その他、ブレンボ製フロントブレーキとオーリンズ共同開発のTTX39リヤサスペンションを装備した「Ninja ZX-14R ABS High Grade」や昨年の話題をさらったスーパーチャージャー搭載の「Ninja H2」など、カワサキらしさ溢れるメガスポーツも展示。カワサキファン待望のブース展開となっている。
《佐川健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  3. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  4. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  5. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  6. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

  7. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  8. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  9. 日本無線、GPS付き二輪車用ETC2.0車載器を発売…防水性向上

  10. 二輪車国内生産、輸出好調で2年ぶりのプラス 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら