【アウディ A4 試乗】プレミアムブランドとしてのジレンマを感じるFF…諸星陽一

試乗記 輸入車

アウディ A4 2.0TFSI
  • アウディ A4 2.0TFSI
  • アウディ A4 2.0TFSI
  • アウディ A4 2.0TFSI
  • アウディ A4 2.0TFSI
  • アウディ A4 2.0TFSI
  • アウディ A4 2.0TFSI
  • アウディ A4 2.0TFSI
  • アウディ A4 2.0TFSI
今年1月に5代目に移行したアウディ『A4』。差所に日本に導入されたモデルには、2種のエンジンが用意された。

どちらも2リットルのターボ付きで、パワフルな252馬力/370Nm仕様は4WDのクワトロに搭載。ベーシックな190馬力/320NmはFFモデルに搭載される。FFモデル用は、ミラーサイクルの燃焼方式を採用するエンジンで、JC08モードで18.4km/リットルの燃費を実現。ただし使用燃料はプレミアム(ハイオク)となる。

試乗車は現在日本に輸入されているA4のなかでもっともベーシックな仕様となるFFのA4 2.0TFSI。車両本体価格は518万円だが、8万5000円のオプションカラー、45万円のレザーパッケージ、17万円アドバンスサウンドシステム、9万円の10スポークの17インチアルミホイール、34万円のマトリクスLEDヘッドライトパッケージと100万円オーバーのオプションが装備されていた。

クワトロに比べると60馬力以上低い最高出力となるFFのエンジン。2リットルで190馬力なのでリッター100馬力まであとちょっととそこそこのパワフルさなのだが、先にクワトロに乗ってしまっていると物足りなさを感じてしまう。これがフォルクスワーゲンならそんなにもの足りなくないのだが、もはやプレミアムブランドとして成熟したアウディだとやはりクワトロと同じレベルが欲しくなる。

これは今後もアウディがかかえることになる悩みになるだろうし、ジレンマともなるだろう。燃費やエコロジーのためにパワーを削る…ことがこの価格のクルマを買う層にどこまで響くかだ。

ハンドリングに関してはクワトロよりもしっとり感があるものの、やはりシャープでしっかりしたスポーティなもの。ドイツ車を買ったという気持ちにはなれるが、もう少しゆるいほうがいいのはクワトロモデル同様だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ GLA 試乗】安心感、快適性に磨きがかかった…島崎七生人

    【メルセデスベンツ GLA 試乗】安心感、快適性に磨きがかかった…島崎七生人

  2. 【アルファロメオ 4Cスパイダー 試乗】美しき路上のダイヤモンドには、刺も蜜も隠れていた…まるも亜希子

    【アルファロメオ 4Cスパイダー 試乗】美しき路上のダイヤモンドには、刺も蜜も隠れていた…まるも亜希子

  3. 【日産 エクストレイル 試乗】NISMOパフォーマンスPKG、その引き締められた足まわり…岡本幸一郎

    【日産 エクストレイル 試乗】NISMOパフォーマンスPKG、その引き締められた足まわり…岡本幸一郎

  4. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

  5. 【アルファロメオ ジュリエッタ 試乗】スペックを超えた愉しさこそアルファの真髄…森口将之

  6. 【スズキ バレーノ 試乗】凄く良くできているところと、まだまだの部分と…中村孝仁

  7. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

  8. ホンダ シャトル で6泊7日の車中泊、フルフラットでぐっすり睡眠

  9. 【ホンダ シャトル ハイブリッド 試乗】走り、内装の質感でオススメは「ハイブリッドX」…青山尚暉

  10. 【スズキ ソリオ 試乗】軽に見えちゃうけど、中身は相当すごい…中村孝仁

アクセスランキングをもっと見る