【プジョー 308 GTi 270 試乗】「日本車頑張れ!」と言いたくなる出来…諸星陽一 | レスポンス(Response.jp)

【プジョー 308 GTi 270 試乗】「日本車頑張れ!」と言いたくなる出来…諸星陽一

試乗記 輸入車

プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
  • プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
  • プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
  • プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
  • プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
  • プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
  • プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
  • プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
  • プジョー 308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール
プジョーのCセグメントハッチバックである『308』にスポーティなGTiが追加された。チューニング担当はワークス部門であるプジョースポールだ。

308 GTiは1.6リットルの4気筒ターボを搭載するモデルで、ミッションはコンベンショナルなクラッチペダル付き6MTが組み合わされる。308 GTiにはエンジンの出力によって250馬力の「308 GTi 250 バイ・プジョー・スポール」と270馬力の「308 GTi 270 バイ・プジョー・スポール」の2種が用意されている。270はタイヤが19インチ(250は18インチ)となり、フロントにトルセンLSD(250はオープンデフ)が装備される。

試乗車はよりスポーティな270馬力仕様。シートはルノースポールが開発したバケットタイプできっちりポジションが決まる。クラッチペダルが求める踏力は軽すぎず、重すぎずタッチがいい。ミッションはFFらしいストロークの長いタイプだが、ねらったポジションにしっかりと入る確実性を持っている。

エンジンはハンパなくパワフル。FFで270馬力/330Nmのパワーユニットを操るというのはなかなかのエキサイティングさ。スタビリティコントロールをオフにしてしまえば、クルマをアクセルでコントロールすることもできる。

サスペンションはフロントがストラットでリヤがトーションビーム。固めのセッティングではあるが、ガチガチにロールを抑えたものではなく適度にロールしてくれる。トルセンLSDが組み込まれていることもあり、ロールさせていってもアクセルペダルを踏んでいけば駆動力を路面に伝えることができる。

一昔前の国産車にはあった、エキサイティングなFFモデルの血を感じることができたのは貴重な体験だった。日本でも『シビックタイプR』がスポーティなFF車として注目を浴びているが、シビックタイプRもイギリスで製造される輸入車。この308 GTiに乗って、ますます「日本車頑張れ!」と言いたくなってしまった。

ベースが308ということもあり、ホイールベースは2620mmと長めで、リヤシートもしっかりとしたスペースが確保。また、ラゲッジルームも広く、実用性が高いのも308 GTiの大きな魅力と言える。270だと、価格は436万円。絶対値としてはけっしてリーズナブルではないが、スペックを考えると、なかなかのコストパフォーマンスと言える。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品