EV体験から販売へ…トミーカイラZZ、レンタカー導入の理由

自動車 ニューモデル 新型車

トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
GLMが製造販売する、EVスポーツカーのトミーカイラZZがタイムズモビリティネットワークスのレンタカーサービス、Service Xに4月1日より導入される。

GLM取締役の田中智久さんは、Service Xへの導入に関し、「EVのスポーツカーは珍しい存在で、乗ってもらう機会が十分に用意できていない状態だ」と現状を語る。しかし、「実際に乗ると、EVは面白いということを肌で感じてもらえる。そこで、Service Xであれば、いろいろな方に我々が作ったものを体験してもらえる非常にいい機会だと考えている」とコメント。

また、Service Xを利用しその後、購入を希望する場合は、「販売代理店として契約しているところもあり、また、我々自身に問い合わせをしてもらえれば一人一人直接丁寧に対応していく」という。

比較的少量生産車に多いユーザーごとのカスタマイズに関して田中さんは、「できるところとできないところはある」としながらも、「現在最も多いのはユーザーが指定するカラーに塗装することだ」という。現在トミーカイラZZはスタンダード、オプション、そしてユーザー指定カラーの3パターンが用意されている。

それ以外にも、ディーラーオプションとして、ダッシュボードにアルカンターラを貼り込んだ仕様もあり、「その場合にはステッチカラーも変えることができる」と田中さん。そして、「ユーザーの選択肢の幅は大きいと思う。更に今後は、より細かなユーザーの要望を密に応えられるよう、ビスポークではないが、1台1台違う仕様のクルマを納車していきたい」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  2. 【インタビュー】

    【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら