【東京モーターサイクルショー16】S&Sエンジン+キャブの新ド迫力鼓動モデル2台、試乗もOK…プロト

モーターサイクル 新型車

ロードホッパー Type5 EVO(東京モーターサイクルショー16)
  • ロードホッパー Type5 EVO(東京モーターサイクルショー16)
  • プロトブースの最前面には専用設計ドラゴンネックフレームのType9 EVOが、その両脇をType5 EVOやTipe2iなどが固めた(東京モーターサイクルショー16)
  • プロト 広報課 広報グループ主任の野呂広之氏
  • ロードホッパー Type5 EVOやType9 EVOは、屋外で試乗することもできる
  • ロードホッパー Type5 EVO(東京モーターサイクルショー16)
  • ロードホッパー Type5 EVO(東京モーターサイクルショー16)
  • ロードホッパー Type5 EVO(東京モーターサイクルショー16)
  • ロードホッパー Type5 EVO(東京モーターサイクルショー16)
プロトは、自社ブランド・ゼロエンジニアリング「ロードホッパー」シリーズの2016年モデル『Type5 EVO』『Type9 EVO』を初出展。試乗コーナーも設置し、S&S社製1340ccとミクニ製HSRキャブレターが奏でる「オールドハーレーらしい大きく厚みのある鼓動」を体感できるという。

ゼロエンジニアリングは、プロトのカスタム部門をルーツとするブランドで、その中でもカスタムテイストをキープしつつ信頼性や乗り味、品質を追求し量産化したモデルが「ロードホッパー」シリーズだ。

この2016年モデルのType5 EVOとType9 EVOは、新たなS&S社製1340ccEVOエンジンとミクニ製HSRキャブレターが搭載され、それぞれにロードホッパー向けのモディファイが加えられている。EFIで培った電子制御技術を採用し、キャブレター独特の乗り味を損なうことなく、いまの排ガス規制をクリアしたモデルだ。

グースネックリジッドフレームのType5 EVOは、リベラプリモ製オープンプライマリーや、ブレンボ製“カニキャリパー”(前輪)が装備され、信頼性アップ。日本の伝統工芸をモチーフにしたカラーリングに銀箔をあしらい、金属の素材感を引き立たせたモデルで、265万円(税別)だ。

また、専用設計ドラゴンネックフレームのType9 EVOは、シリーズ唯一のリアサス搭載モデル。複雑なリンクを介して短いスイングアームを作動させる独自のリアサスがシート下に垣間見える。Type5 EVOのシルバーに対し、このType9 EVOは、真鍮箔(ゴールドリーフ)があしらわれ、「ひとつ上」の演出が加えられている。価格は315万円(税別)。

プロト広報課広報グループ主任の野呂広之氏は、「あこがれていたハーレーの、懐かしいサウンド、響き、乗り心地を求める30~40代の男性から注目を集めているが、最近は女性が試乗するケースも増えている。今回は試乗コースも設定しているので、この機会にS&S社製エンジンとミクニ製HSRキャブの乗り味を試してみてほしい」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  2. ヤマハ発動機、ビーノ ベースのEVスクーターを発売…23万6520円

    ヤマハ発動機、ビーノ ベースのEVスクーターを発売…23万6520円

  3. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

    バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

  4. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  5. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  6. ヤマハのデザインコンセプト「GEN」に新モデル…人と人を結ぶモビリティ

  7. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  8. ベイズ、新型電動スクーター バイクルシリーズ 3モデルを発売

  9. BSスカパー!カスタム番組、バイきんぐ 小峠英二と愛車トライアンフ登場

  10. 【リコール】ヤマハ YZF-R3A など1万5000台、クラッチやオイルポンプに不具合

アクセスランキングをもっと見る