KDDI、月面探査レースに挑戦する「HAKUTO」と通信システムを共同開発

宇宙 企業動向

KDDIは、世界初のロボット月面探査レース「グーグル・ルナ・エックスプライズ」に挑戦するispaceが運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(ハクト)」とオフィシャルパートナー契約を締結した。

auで培ってきた通信技術やその知見を最大限活用し、HAKUTOの月面探査ロボット(ローバー)の通信システムを共同開発し、世界初の民間による月面探査を支援する。

レースは、民間開発の無人探査機を月面に着陸させ、ローバーを500m以上走行し、ローバーに搭載されたカメラで撮影した月面の動画や静止画を地球に送信すること。HAKUTOは現在、これまで開発してきたローバーを改善、月面探査に向けたフライトモデルの開発を進めている。

月面におけるミッションの遂行は、地球からの遠隔操作で進めるため、「通信」が月面探査の成功の鍵を握る。HAKUTOは月面における通信に、地上のモバイルデータ通信に使われている周波数帯を採用することを検討する。世界でも初めての試みで、地上で培われてきた民生技術を宇宙探査へと展開する。HAKUTOの試みに、auは無線技術などでサポートする。

auとHAKUTOは今後、ミッションのひとつである月面を撮影した高解像度の動画、静止画データ送信で、auが持っている知見をもとに最適な圧縮技術の検討を進めていくほか、現在開発しているローバーのフライトモデル検証試験などを共同で行う予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

    JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  2. ISS第38次/第39次長期滞在クルー、バイコヌール宇宙基地に移動

    ISS第38次/第39次長期滞在クルー、バイコヌール宇宙基地に移動

  3. JAXA、ISS「きぼう」日本実験棟から米国の超小型衛星の放出作業を完了

    JAXA、ISS「きぼう」日本実験棟から米国の超小型衛星の放出作業を完了

  4. NASA 、ロボットによる衛星修理・給油テクノロジー、RRMのテストを公開

  5. 世界の宇宙予算20年ぶり縮小

  6. 国立天文台、4次元デジタル宇宙ビューワーを多言語化…「はやぶさ2」の立体モデルも追加

  7. 宇宙教育テレビが25日にイプシロンロケット特集ライブ放送

  8. 解像度40センチの超高精細衛星画、米デジタルグローブが初公開

  9. 木星の大移動が作り替えた太陽系小惑星マップ 米仏研究者が基礎データを完成

  10. 2014年最初に発見された小惑星が地球の大気圏に突入した可能性大

アクセスランキングをもっと見る