トミーカイラ ZZ の一般試乗が開始「ピュアさを体感して」…スーパーオートバックス東京ベイ東雲

エコカー EV

EV レーシングカー「Tommykaira ZZ」 の試乗がいよいよスタート!
  • EV レーシングカー「Tommykaira ZZ」 の試乗がいよいよスタート!
  • EV レーシングカー「Tommykaira ZZ」 の試乗がいよいよスタート!
  • 耐候性は高いとは言えない。必然的に天気を気にして出発のタイミングを窺う。
  • フロントにはシステム起動用のバッテリーとウォッシャータンクが備わる。
  • 外側にドアノブはなく内側のドアノブをリリースして開扉する。
  • 分厚いサイドシルをはじめ、乗降性は良好とは言い難い。しかし、左足を入れ、お尻をシートに落とし込めば想像よりは容易に乗り込むことができた。エマージェンシーの幌がなければさらに乗降は容易だ。
  • 昔から変わらないのはエンブレム。童話「ウサギと亀」に由来するという。
  • キーは重厚にして重量感がある。造形も美しい。
オートバックスセブンは、1月18日よりスーパーオートバックス東京ベイ東雲で、都内での独占販売を開始している電気自動車『トミーカイラ ZZ』について、試乗車の準備が整ったと発表した。

4月から試乗が開始されるのに先駆けて、取材する機会を得たのでレポートする。

トミーカイラZZは、1990年後半に惜しまれつつも販売を終了した幻のスポーツカー「トミーカイラ」の名を引き継ぎ、GLM社がシャシ・パワートレインの全てを新規開発した電気自動車(EV)だ。高剛性アルミフレームと軽量FRPボディにより 850kgという超軽量な車体に、強力な専用設計モーターを搭載し、鋭い加速感とキレのある軽快な走りを実現している。

当初は往年のトミーカイラZZをベースに、フレームをそのまま、エンジンをコンバートしてEV化することを目論んでいたが、結局ひとつずつ洗い出していくうちに全て新設計になってしまったのだとか。「オリジナルと共通の部品はあのトミーカイラのエンブレムだけなんです」とスーパーオートバックス東京ベイ東雲の下妻氏は語ってくれた。ウサギとカメの童話が由来になっているというトミーカイラのエンブレムは新しくEVレーシングカーとして登場したZZのフロントにもしっかりと輝いていた。

小さな全長3865×全幅1735×全高1140mmのボディは車重は850kg、ながら225kw(305馬力)で停止状態から100km/hまで3.9秒で到達するパフォーマンスを誇る。すでに第一次の受注は終了し、30台ほどが納車されているとのこと。しかし舞鶴にファクトリーが完成し、本格的な量産体制が整ったので、第二次の受注を開始したばかりという状況なのだそうだ。

航続距離は満充電で120km程度と公表されているが「長くすることはできます。しかしEVでしか体感できないパフォーマンスと、クルマとして“諦めることで手に入れることができるピュアさ”を体感していただきたいのです」(下妻氏)とのこと。確かに、ナビゲーションはもちろん、エアコン、パワステもない。ブレーキもノンサーボ。サイドウィンドウもない。「語弊を恐れずに言えば、とても不便なのですが、そういう部分も含めて楽しんで欲しいのです。乗ることそのもの以上に“選んだことが粋”というクルマだと思います」と下妻市は語った。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

    米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  2. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

    【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  3. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

    日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  4. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  5. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  6. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  7. 米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備

  8. テスラ モデルS の新機能、“スマホで自動駐車”を試してみた

  9. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  10. 三菱リコール問題を一気読み

アクセスランキングをもっと見る