2030年までにFCVを80万台普及…「水素・燃料電池戦略ロードマップ」改訂

自動車 社会 行政

ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • トヨタ MIRAI(ミライ)
  • 刈谷井ケ谷水素ステーション
産学官の有識者で構成する水素・燃料電池戦略協議会は、水素インフラや燃料電池車(FCV)普及の新たな目標や取り組みの具体化を盛り込んだ「水素・燃料電池戦略ロードマップ改訂版」をまとめた。

家庭用燃料電池の普及拡大や、FCVの市販が開始され、水素ステーションの整備も着実に進められているなど、最新の状況を踏まえて、2014年6月に策定した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を改訂したもの。

改訂版では、FCVの普及目標を、2020年までに累計4万台程度とし、2025年までに20万台程度、2030年までに80万台程度に設定した。2025年頃に、より多くのユーザーに訴求するため、ボリュームゾーン向けのFCV投入を目指す。

水素ステーションの整備目標は、2020年度までに160箇所程度、2025年度までに320箇所程度に設定した。2030年時点のFCV普及台数目標に対して標準的な水素供給能力を持つ水素ステーション換算で900基程度が必要なため。

また、2020年代後半までに水素ステーション事業の自立化を目指す。

家庭用燃料電池の将来的な価格目標を明確化した。PEFC(固体高分子形燃料電池)型が2019年までに80万円、SOFC(固体酸化物形燃料電池)型が2021年までに100万円を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 通信機能を持つタクシーメーター認める…グレーゾーン解消制度

    通信機能を持つタクシーメーター認める…グレーゾーン解消制度

  2. 東京のタクシー初乗り400円台が実現へ…8割以上が申請

    東京のタクシー初乗り400円台が実現へ…8割以上が申請

  3. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

    トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  4. 走行中のパトカーが路上に倒れていた人をはねる

  5. 事故被害確認のために本線上を歩いていた男性、トラックにはねられ死亡

  6. 「振り切られた」パトカー乗員の証言、防犯カメラ映像で訂正

  7. 自転車で横断歩道を渡っていた男児、軽乗用車にはねられ死亡

  8. 手押し車を使いながら歩いていた高齢男性、対向車にはねられ死亡

  9. 「選ばれるタクシー」目指し革新プラン策定…IT活用した運転者評価など 国交省

  10. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら