バッテリーレスEVをワイヤレス給電で走らせる…豊橋技大と大成建設、屋外実験に成功

エコカー EV

豊橋技術科学大学と大成建設は、ワイヤレス給電で走行するバッテリーレス電気自動車(EV)と電化道路の屋外走行実験に成功したと発表した。

豊橋技術科学大学と大成建設は、大学敷地内の屋外で電化道路を試作、走行中のEVにワイヤレスで電力を供給する技術を共同研究してきた。環境対応車であるEVは、走行距離が短い、充電時間が長いという課題がある。

道路に埋設した2本のレール電極板からタイヤを通じてEVへ高周波電力を送電することで、これらEVの課題解決を図ってきた。この技術はEVが走行するのに必要な「道路」と「エネルギー供給施設」を融合させた技術。

豊橋技術科学大学と大成建設は、2014年9月に建物内フロアの電化に成功し、バッテリーレス電動カートの有人走行実験を行った。2015年10月には、建物内アスファルト床でEVの停車中給電に成功。

今回は、大学敷地内屋外で、一般アスファルト舗装に近い構造で道路を電化、バッテリーレス電気自動車での有人走行を世界で初めて達成した。

このシステムは総務省の高周波利用設備(13.56MHz、出力5kW)の認可を得て運用したとしている。

今後は、電化道路の基本性能向上、低コスト化、安全性や標準化などの課題に取り組み、自動車専用道路での実証実験を目指す。また、同システムを工場や物流施設などの屋内搬送システムへ応用、事業化を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

    米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  2. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

    【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  3. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  4. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  5. 米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備

  6. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  7. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  8. 日産と三菱、資本提携でEVパワートレイン共有へ

  9. テスラ モデルS の新機能、“スマホで自動駐車”を試してみた

  10. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

アクセスランキングをもっと見る