運転代行業に料金制度ガイドライン…利用者保護対策を実施

自動車 社会 行政

国土交通省
  • 国土交通省
国土交通省は、自動車運転代行業での利用者保護を確保するため、4月から新たな利用者保護対策を実施すると発表した。

自動車運転代行業における新たな利用者保護対策として、料金制度に関するガイドラインを策定する。運転代行用料金メーターのJIS規格化に向けた関係機関への働きかけを行う。随伴用自動車について任意保険の加入を義務付けするとともに、損害賠償責任共済契約失効者には行政処分を実施する。

自動車運転代行業の営業を表示する文字の大きさや、明瞭化する規定随伴用自動車の適正な表示の徹底も指導。報告徴収と立入検査を強化する。料金、損害賠償措置など、代行運転前に標準化した書面で事前説明する。運転代行ドライバー用指導・教育マニュアルも作成するほか、業界団体の自主的な街頭パトロールへの支援、国交省への法令違反業者通報体制の構築を支援する。

国交省では、自動車運転代行業における利用者保護を確保するため、2015年6月から全国運転代行協会、運転代行振興機構と意見交換してきた。

これまでの実態調査における利用者の声や意見交換会における業界団体からの要望を踏まえ、今回、対策を取りまとめ、業界団体、損害賠償責任共済組合の合意の上、対策を実施する。

これら対策については、警察庁、都道府県担当部局と調整を図り、4月から順次実施していく。

自動車運転代行業者は2002年年末が4148社、随伴車両台数1万7853台だったのが2015年末には8866社、随伴車両台数2万7382台にまで増加している。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

    負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

  2. 信号待ち中に車道へ飛び出した女児、ひき逃げされ重傷

    信号待ち中に車道へ飛び出した女児、ひき逃げされ重傷

  3. 車両3台が関係する多重衝突、軽トラックの運転者が重体

    車両3台が関係する多重衝突、軽トラックの運転者が重体

  4. 歩道進入で5人に重軽傷を負わせた男、危険運転致傷罪で起訴

  5. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  6. バイクの無免許運転で衝突事故を起こした少年、回復を待って逮捕

  7. 警報機と遮断機の無い踏切で列車と衝突、軽乗用車の2人死傷

  8. イヴォーク とコピー車、中国で事故…見分けがつかない?!

  9. 運行管理者試験で集団カンニング、合格取消...兵庫県

  10. 鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら