自動運転、2018年までに「レベル2」実現へ…自動走行ビジネス検討会

自動車 テクノロジー 安全

日産 自動運転公道テストの実験車両(参考画像)
  • 日産 自動運転公道テストの実験車両(参考画像)
経済産業省と国土交通省は3月23日、自動走行ビジネス検討会などでの議論の結果を踏まえ、取りまとめた「今後の取組方針」を公表した。

両省は2015年2月に「自動走行ビジネス検討会」を設置し、日本が自動走行において競争力を確保し、世界の交通事故の削減等に貢献するために必要な取組を産学官で検討してきた。昨年6月に公表した「中間とりまとめ」では、自動走行の実現に向け、競争領域と協調領域を戦略的に切り分けて今後の取組方針を策定することや、協調領域の取組推進の基盤となる国際的なルールづくりに戦略的に対応する体制の整備などを基本的な方向として確認した。

今回発表した「今後の取組方針」では、自動走行ビジネスについて、より具体的な方針を策定。一般車両の自動走行については、加速・操舵・制動のうち複数の操作をシステムが行うレベル2の自動走行を2018年までに実現させるとした。トラックについては、夜間長距離輸送等において、後続車両無人の3台以上による隊列走行の実現を目指す。

そのほか、駐車場カメラと連携する自動バレーパーキングを2020年頃に実現させることや、専用空間におけるラストワンマイルの完全自動走行実現などを今後の取組方針とした。

また検討会では、日本が国際的なルールづくりをリードできるよう、基準と標準をつなぐ戦略的な検討を行う場を設置するほか、高度な自動走行の実現に向けて、学の担うべき役割や分野等について引き続き検討するとした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. iOS版カーナビタイム、バージョンアップ…トンネル内でも正確な自車位置を表示

    iOS版カーナビタイム、バージョンアップ…トンネル内でも正確な自車位置を表示

  2. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  3. 【ダイヤトーンを聴く】パート2…カーオーディオに開眼したオーナーが選択した「次の一手」

    【ダイヤトーンを聴く】パート2…カーオーディオに開眼したオーナーが選択した「次の一手」

  4. 富士通、東京都の交通渋滞を分析…商用車プローブデータを活用

  5. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

  6. RSオーディオ、モノブロック・パワーアンプ「RS Master T Mono」発表

  7. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  8. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  9. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

  10. ETCの登録型利用照会サービス...車載器持ってなくても登録OK

アクセスランキングをもっと見る