【ニューヨークモーターショー16】日産 GT-R に2017年型、570馬力に強化

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 GT-R の2017年モデル(ニューヨークモーターショー16)
  • 日産 GT-R の2017年モデル(ニューヨークモーターショー16)
  • 日産 GT-R の2017年モデル(ニューヨークモーターショー16)
  • 日産 GT-R の2017年モデル(ニューヨークモーターショー16)
  • 日産 GT-R の2017年モデル(ニューヨークモーターショー16)
  • 日産 GT-R の2017年モデル
  • 日産 GT-R の2017年モデル
  • 日産 GT-R の2017年モデル
  • 日産 GT-R の2017年モデル
日産自動車は3月23日(日本時間3月23日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『GT-R』の2017年モデルをワールドプレミアした。

現行GT-R は、2007年10月に発表。ほぼ毎年、確実な進化を遂げてきた。今回、デビュー8年を経て、ニューヨークモーターショー16では、2度目の大幅改良を受けた2017年モデルが登場している。

2017年モデルでは、3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを、さらに強化。最大出力は570psと、従来比で20ps引き上げた。日産によると、よりフラットなトルクカーブを実現しているという。

米国仕様の上級グレード、「プレミアム」には、チタン製のエグゾーストシステムを採用。アクティブノイズキャンセレーションとアクティブサウンド技術と相まって、不快な音を消しつつ、刺激的なサウンドを演出した。

内外装も変更。外観は、Vモーショングリルをやや大型化し、エンジン冷却性能を向上。このグリルには、新しいメッシュパターンと、マットクローム仕上げが施される。ボンネットも空気の流れに配慮した新形状で、高速走行時の安定性を高める。

室内は、フロントシートが新デザインで、ホールド性と快適性を向上。スイッチ類の数は、27から11へ減らし、操作性を引き上げた。パドルシフトはステアリングホイールに移設され、ステアリングホイールから手を離すことなく操作できるようにした。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  5. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  8. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  9. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら