スペースシフト、クラウドファンディングで超小型衛星キットの目標金額を達成

宇宙 企業動向

超小型衛星で宇宙利用を推進するスペースシフトは、2月3日からクラウドファンディングサービス「Makuake」で販売していた超小型衛星キット「ARTSAT KIT」が、3月10日、に目標金額である100万円を超え、104万7000円を達成した。

現時点で、国内における宇宙関連のプロジェクトでは国内初の目標達成となった。

最初の1機目は、1機限定の40万円で、プロジェクト開始初日に購入された。また2機目は、宇宙にロマンを馳せる一般男性の申し込みにより、60万円で購入された。

同社ではプロジェクトの早期の目標達成により、より迅速なキットの開発完了と製品の準備を進める。衛星キットはプロジェクト終了まで購入可能。

超小型衛星キット「ARTSAT KIT」は、東京大学と多摩美術大学の共同プロジェクとして作られた超小型衛星「ARTSAT1:INVADER」をベースとした人工衛星開発キット。10cm四方の超小型サイズの「ARTSAT1:INVADER」は、2014年2月28日にH-IIAロケット23号機で打ち上げられ、地球の写真を撮影したほか、姿勢角度や温度など衛星のデータを地上に送信、それを元にしたアート展示などを行った。

この衛星の設計を引き継ぎ、改良を重ねて作られたのが、今回クラウドファンディングを開始した「ARTSAT KIT」。従来オーダーメイドである人工衛星をキットとして商品化することで、宇宙工学やロボット工学を教える大学などの教育機関は、宇宙開発に興味のある個人でも入手可能な低価格を実現した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

    宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  2. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  3. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

    JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  4. 宇宙業界で女性が安心して働くには? 女性エンジニア・研究者が語る

  5. ロシア、2025年までに静止軌道の宇宙ゴミを除去する”スカベンジャー”衛星を計画

  6. X線天文衛星を搭載のH-IIAロケット30号機、悪天候で打ち上げ延期

  7. ドラゴン補給船運用8号機の打ち上げ成功…ISSハーモニーに結合

  8. ASNARO/ひさき/ASTRO-H…3衛星を繋ぐNECのインターフェイス技術とは

  9. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  10. JAXA、「はやぶさ2」が小惑星から収集する試料分析のため複数機関と連携

アクセスランキングをもっと見る