検索さくさく、乗換スムース…「駅すぱあと」アプリがシンプルに刷新

エンターテインメント アプリ

旧バージョン(左)と新バージョン(右)の画面比較
  • 旧バージョン(左)と新バージョン(右)の画面比較
  • 旧バージョン(左)と新バージョン(右)の画面比較
  • 旧バージョン(左)と新バージョン(右)の画面比較
  • 「駅すぱあとfor Android」イメージ画像
  • リニューアルしたアプリ画面(Myスポット登録)
  • リニューアルしたアプリ画面(路線図)
  • 動作速度の改善グラフ
  • 新バージョンのメニュー画面
 入学や就職で、新生活が始まる春シーズン。ヴァル研究所は、乗換案内アプリ「駅すぱあと」のAndroid版を、全面リニューアル。最新版となる「駅すぱあとfor Android ver.3.0.0」をリリースした。動作速度やインターフェイスを大幅改善したという。

 「駅すぱあとfor Android ver.3.0.0」については、2月8日よりオープンβテストを実施。フィードバックをもとに最終調整を行い、3月22日に正式リリースされた。Googleが提唱する「マテリアルデザイン」を正式採用。いままでの丸みを帯びたボタンや、複数色を利用した画面から、よりシンプルでエッジの効いたデザインに変化している。経路検索後は右下に配置された★ボタンから、登録が可能。

 また、動作速度がおおきく改善されており、最大58%短縮したとのこと。「マテリアルデザイン」に基づき、細かな部分で“アニメーション”による動作表現を駆使しているが、確かに、画面切り替えなどのもたつきを感じることはなく、スルスルと動作するようになっている。駅名の検索時間も、最大42%短縮されているという。

 そのほか、自宅やよく行く場所を、位置情報(GPS)・地図・住所入力で登録できる「Myスポット」を搭載。出発・到着地を位置情報(GPS)で指定した経路検索などにも対応している。経路検索結果の表示数も、従来の4件から8件まで拡大した(PREMIUM機能)。さらに、「路線図」の駅メニュー上の駅名にふりがなを追加するなど、使い勝手も向上している。

 アプリはGoogle Playから無料でダウンロード可能。

“マテリアルデザイン”でスルスル動作に、乗換アプリ「駅すぱあと」が大幅刷新

《冨岡晶@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

    【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  2. 【GARMIN vivofit3 インプレ前編】充電不要のライフログバンド、最新モデル登場

    【GARMIN vivofit3 インプレ前編】充電不要のライフログバンド、最新モデル登場

  3. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ前編】アクティビティトラッカーの新しい存在意義を見いだした意欲作

    【GARMIN vivosmart HR J インプレ前編】アクティビティトラッカーの新しい存在意義を見いだした意欲作

  4. 【GARMIN vivofit3 インプレ中編】歩いたり走ったり、日常的なアクティビティに特化したライフログバンド

  5. 篠崎愛の「匂いや吐息」をVRで“2.9次元”体験

  6. 【GARMIN fenix 3J HR インプレ前編】装着するだけで心拍数も測れるfenix…多くのアクティビティに対応

  7. 夏だ、プールだ、デートだ!!…着て欲しい水着&ドン引きする水着

  8. カーメイトが家庭内のニオイと雑菌に関する意識調査の結果を発表

  9. ポケモンGO海外レポート…車とバイクが走るジャカルタ、安心してプレイするには?

  10. 【GARMIN fenix 3J HR 海外インプレ後編】体調管理だけでなく、どんなアクティビティにも最適なモデル

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら