検索さくさく、乗換スムース…「駅すぱあと」アプリがシンプルに刷新

エンターテインメント アプリ

旧バージョン(左)と新バージョン(右)の画面比較
  • 旧バージョン(左)と新バージョン(右)の画面比較
  • 旧バージョン(左)と新バージョン(右)の画面比較
  • 旧バージョン(左)と新バージョン(右)の画面比較
  • 「駅すぱあとfor Android」イメージ画像
  • リニューアルしたアプリ画面(Myスポット登録)
  • リニューアルしたアプリ画面(路線図)
  • 動作速度の改善グラフ
  • 新バージョンのメニュー画面
 入学や就職で、新生活が始まる春シーズン。ヴァル研究所は、乗換案内アプリ「駅すぱあと」のAndroid版を、全面リニューアル。最新版となる「駅すぱあとfor Android ver.3.0.0」をリリースした。動作速度やインターフェイスを大幅改善したという。

 「駅すぱあとfor Android ver.3.0.0」については、2月8日よりオープンβテストを実施。フィードバックをもとに最終調整を行い、3月22日に正式リリースされた。Googleが提唱する「マテリアルデザイン」を正式採用。いままでの丸みを帯びたボタンや、複数色を利用した画面から、よりシンプルでエッジの効いたデザインに変化している。経路検索後は右下に配置された★ボタンから、登録が可能。

 また、動作速度がおおきく改善されており、最大58%短縮したとのこと。「マテリアルデザイン」に基づき、細かな部分で“アニメーション”による動作表現を駆使しているが、確かに、画面切り替えなどのもたつきを感じることはなく、スルスルと動作するようになっている。駅名の検索時間も、最大42%短縮されているという。

 そのほか、自宅やよく行く場所を、位置情報(GPS)・地図・住所入力で登録できる「Myスポット」を搭載。出発・到着地を位置情報(GPS)で指定した経路検索などにも対応している。経路検索結果の表示数も、従来の4件から8件まで拡大した(PREMIUM機能)。さらに、「路線図」の駅メニュー上の駅名にふりがなを追加するなど、使い勝手も向上している。

 アプリはGoogle Playから無料でダウンロード可能。

“マテリアルデザイン”でスルスル動作に、乗換アプリ「駅すぱあと」が大幅刷新

《冨岡晶@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 【GARMIN ForeAthlete630Jセット インプレ後編】もう「だまし峠」にはだまされない!コース設定でアクティビティに集中

    【GARMIN ForeAthlete630Jセット インプレ後編】もう「だまし峠」にはだまされない!コース設定でアクティビティに集中

  2. 【GARMIN ForeAthlete630Jセット インプレ中編】陸上長距離選手向けのハイレベルアイテム

    【GARMIN ForeAthlete630Jセット インプレ中編】陸上長距離選手向けのハイレベルアイテム

  3. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

    【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  4. 【GARMIN vivofit3 インプレ中編】歩いたり走ったり、日常的なアクティビティに特化したライフログバンド

  5. 【GARMIN ForeAthlete630Jセット インプレ前編】ランニング用GPSウォッチ、最新モデルはコーチング機能搭載

  6. 街中で危険を知らせるLEDパネルが多言語化、地震速報も転送

  7. 最新素材とカッティングで復刻された、80年代自転車チームウエア

  8. 東京オリンピックへ向け…スタジアム向け4K防犯カメラ実験中

  9. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ前編】アクティビティトラッカーの新しい存在意義を見いだした意欲作

  10. イギリス最大の日本カルチャー紹介イベントに5万人来場し大盛況

アクセスランキングをもっと見る