開封されたの丸わかり、重要書類を管理するセキュリティシール

エンターテインメント 話題

 サンワサプライは18日、開封したことが一目で分かるセキュリティシール2種類を発売開始した。

 封筒などに封入された書類の開封・改ざんを防止する封印シールで、マイナンバー関連をはじめ社外秘の書類などでの使用などを想定している。

 封筒用セキュリティシール「SL-2H-100」は、剥がした箇所に「OPEN」の文字が残る仕様で、幅45×高さ20mm、100枚入りで価格は3,800円。

 そしてセキュリティシール「SL-3H-50」は、剥がすとシール自身に「VOID」の文字が浮かび上がる。CDなどのメディアケースやファイルなどの開封防止をはじめ、USBポートなどの無断使用防止にも有効となる。幅19×高さ23mm、50枚入りで価格は4,000円。

無断開封の証拠を残す!重要書類管理用セキュリティシール

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 油断禁物! 鈴鹿サーキットのプールで新ステージショー&サプライズ[フォトレポート]

    油断禁物! 鈴鹿サーキットのプールで新ステージショー&サプライズ[フォトレポート]

  2. ジャッポーン! 鈴鹿サーキットのプールに新スライダー[フォトレポート]

    ジャッポーン! 鈴鹿サーキットのプールに新スライダー[フォトレポート]

  3. 【GARMIN vivoactive J インプレ後編】ライバルはApple Watch? コスパで群抜く体育会系スマートウォッチ

    【GARMIN vivoactive J インプレ後編】ライバルはApple Watch? コスパで群抜く体育会系スマートウォッチ

  4. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  5. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ後編】常時心拍計測で始まる健康管理生活

  6. 【GARMIN vivofit3 インプレ中編】歩いたり走ったり、日常的なアクティビティに特化したライフログバンド

  7. 日産 GT-R NISMOに乗ってみた…まるでゲームの世界

  8. Instagram、写真・動画投稿で縦位置・横位置が選べるように

  9. 東京銀座のソニービル建て替え…期間限定でスペース開放も

  10. ブリヂストン、シニア向け電動アシスト自転車を軽量化し発売

アクセスランキングをもっと見る