神戸製鋼、タイヤ・ゴム機械事業の中国拠点を設立…世界シェア50%を目指す | レスポンス(Response.jp)

神戸製鋼、タイヤ・ゴム機械事業の中国拠点を設立…世界シェア50%を目指す

自動車 ビジネス 海外マーケット

神戸製鋼所は3月22日、自動車や建設機械用タイヤ等の製造工程で使用するタイヤ・ゴム機械の中国における営業・アフターサービスを目的とした神鋼産機系統工程(青島)有限公司(KMQ)を設立したと発表した。

神戸製鋼所は原材料のゴムにカーボン、硫黄、薬品などを均一に練り込む混練機のトップメーカー。今回のKMQの設立により、世界最大のタイヤ生産量を占める中国での需要のさらなる取り込みを図り、世界シェア50%獲得を目指す。総投資額は200万元(約4000万円)で、4月からの営業開始を予定。

現在、中国は全世界のタイヤ生産量の約40%を占めており、今後も自動車需要の伸長に伴い、タイヤ製造設備の需要も拡大していく見通しだ。また、神戸製鋼所は中国向けに250台以上のタイヤ・ゴム機械を納入しており、アフターサービスのニーズも高まっていることから、新会社を設立した。KMQでは、タイヤ・ゴム機械の営業・アフターサービスに加え、同社機械事業部門のメニューである樹脂機械も併せて取り扱う。これにより、同社機械事業部門として、2020年度を目処に約10億円程度の売上げ増加を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品