【ニューヨークモーターショー16】アバルト 124 スパイダー 新型、米国導入…160馬力にデチューン

自動車 ニューモデル 新型車

フィアット 124スパイダー Elaborazione アバルト
  • フィアット 124スパイダー Elaborazione アバルト
イタリアのフィアットは3月22日、新型アバルト『124スパイダー』を、米国市場にフィアット『124スパイダー Elaborazioneアバルト』として導入すると発表した。実車は3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で初公開する。

新型アバルト124スパイダーは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16でワールドプレミア。新型アバルト124スパイダーは、新型フィアット 124 スパイダー のアバルト版。アバルトらしいパフォーマンスが追求された。

足回りは、ビルシュタイン製ダンパーやブレンボ製ブレーキ、専用スタビライザーなどで強化。外観は、前後バンパーやリアスポイラーが専用デザインとなっており、エアロダイナミクス性能が高められている。

ニューヨークモーターショー16で初公開されるフィアット124スパイダーElaborazioneアバルトも、1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「マルチエア」エンジンを搭載。ただし、欧州仕様の新型アバルト124スパイダーに対して、最大出力は170hpから160hpへ、10hpダウン。最大トルクは25.5kgmと共通スペックとした。

トランスミッションは、6速MTまたはパドルシフト付き6速AT。スポーツモードでは、エンジンや6速AT、電動パワーステアリング、DSCの設定がスポーティな方向に変化する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  5. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  8. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  9. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら