GM、中国に新車攻勢…2020年までに60車種以上

自動車 ビジネス 企業動向

中国市場での新たな成長戦略を発表するGMのダン・アマン社長
  • 中国市場での新たな成長戦略を発表するGMのダン・アマン社長
米国の自動車最大手、GMは3月21日、2020年までに中国市場へ60車種以上を投入することを核にした、中国における新たな成長戦略を発表した。

GMの中国における2015年の新車販売台数は、過去最高の361万2635台。前年比は5.2%増だった。一方、フォルクスワーゲングループ(傘下のアウディやシュコダなどを含む)の2015年の中国新車販売台数は、354万8600台。前年比は3.4%減と、マイナスに転じた。

この結果、GMがフォルクスワーゲングループに約6万4000台の差をつけ、2015年の中国新車市場の頂点に立った。GMが中国市場を制したのは、2012年以来、3年ぶりとなる。

今回発表された新たな成長戦略は、中国における新車販売をさらに増やすのが狙い。2020年までに、中国市場へ60車種以上を投入する。このうち2016年は、13車種を予定。GMによると、SUVやMPV、高級車を重視した新車投入になるという。

GMのダン・アマン社長は、「優れた車を販売するというGMの中核事業が、現在の投資の基礎となるもの。中国市場は成熟しつつあるが、GMにとっては短期、長期的に、依然として成長の余地がある」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

    【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  2. 6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

    6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

  3. 三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

    三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

  4. 一部ホンダ車、タカタ製エアバッグ異常破裂の危険を警告…米当局

  5. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  6. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  7. クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

  8. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  9. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  10. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

アクセスランキングをもっと見る