【IIHS衝突安全】MINI ハッチバック の2016年型、トップセーフティピック+に認定

自動車 ニューモデル 新型車

MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
米国IIHS(道路安全保険協会)は3月18日、MINI『ハッチバック』の2016年モデルを、最高評価の「2016トップセーフティピック+」に認定すると発表した。

IIHSの「トップセーフティピック」の認定を受けるには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となるのが条件。また、前面衝突予防評価で、「ベーシック」を獲得することも求められる。

さらに上の「トップセーフティピック+」と認定されるには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価において3段階評価で2番目の「アドバンスド」、最高評価の「スーペリア」のいずれかが必要となる。

今回、MINIハッチバックの2016年モデルは、IIHSから最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定された。各衝突テストで最高の「GOOD」評価を獲得。前面衝突予防評価においても、「アドバンスド」と認定された。

IIHSは、「前回のテストの後、MINIはサイドカーテンエアバッグを改良。これが、側面衝突テストで後席乗員の保護性能を引き上げ、トップセーフティピック+につながった」と評価している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

    マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  2. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

    【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  3. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

    ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  4. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  5. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  6. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  7. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  8. アルファロメオ ジュリエッタ にお得な限定車…ベース車より10万円安

  9. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  10. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

アクセスランキングをもっと見る