人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

女王様は遠かった…豪華客船「クイーン・エリザベス」が横浜に!

船舶 企業動向

木や建物の影から少しだけ見える
  • 木や建物の影から少しだけ見える
  • 一般の人が通行可能な道から撮影
  • 煙突の形でかろうじて船だとわかる
 なにげなく、Twitterのタイムラインを見ていたら、20日にクイーン・エリザベス号が2年ぶりに横浜にやってくるという。せっかくなので写真でも撮りに行こうと思い、本日早朝、横浜・大黒ふ頭へと向かった。

 豪華客船「クイーン・エリザベス」が横浜港に入港すると知ったのは18日のこと。春分の日である20日午前6時に大黒ふ頭に接岸するという。同船は、乗客定員2,081人、バミューダ船籍の超豪華客船。全長294メートル、全幅32.25メートル、総トン数は90,900 総トン。

 休日だし、横浜なら近いから撮影しに行こう! と思って調べたところ、前回寄港した横浜港大さん橋と違い、大黒ふ頭は貨物便がメインの港で見学用のデッキはなく、周辺は倉庫や船会社のビルばかりだ。そもそも、大黒ふ頭周辺は原則として港湾関係者以外立ち入り禁止。おそらく普通に行っても撮影できるところは限られ、かなり厳しいかなと思ったが、とりあえず20日の朝、横浜に向けて出発した。

 結果は写真のとおり……。唯一近づける場所が、近くにある海釣り公園までのアクセス路のみ。倉庫や建物、フェンスや植木越しに客室デッキなどが見える程度だった。豪華客船が入港するとあって、大黒ふ頭のある島の要所要所に警備員が立っており、一般の歩行者や車は規制されていた。

 横浜方面から大黒ふ頭に行く途中のベイブリッジからはクイーン・エリザベス号の雄姿を見ることができたが、橋の途中で車を止めるわけにはいかない。大黒ふ頭出口にはパーキングエリアがあるが、周辺を高速道路のランプや高架に囲まれ接岸している方向は倉庫群やモータープールの車が見えるだけだ。

 ベイブリッジを歩いて渡れば写真も撮れそうだったのだが、ベイブリッジの遊歩道(スカイウォーク)は利用者がすくなく何年も前に閉鎖されている。

 クイーン・エリザベス号は、20日23時59分に大黒ふ頭を出港し、22日には大阪港に寄港する予定となっている。大阪港では初入港を記念してセレモニーが行われるそうだ。

女王様は遠かった……。豪華客船「クイーン・エリザベス」が横浜に!

《中尾真二@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. クルーズ船の寄港回数が56%増の933回 2016年上半期

    クルーズ船の寄港回数が56%増の933回 2016年上半期

  2. 海洋環境整備船「白龍」を一般公開 7月30-31日

    海洋環境整備船「白龍」を一般公開 7月30-31日

  3. IHI、世界初の舶用補機専用ターボチャージャーを開発…2017年初頭に発売

    IHI、世界初の舶用補機専用ターボチャージャーを開発…2017年初頭に発売

  4. 【ジャパンボートショー15】ヤンマー、新型38フィートフィッシングボートを国内初公開

  5. 日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

  6. ダイハツディーゼル、大幅減益…舶用エンジン事業など低迷 2016年4-6月期決算

  7. ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

  8. クルーズ船の寄港回数、博多港が初の年間トップ…2015年

  9. 瀬戸内海に緊急確保航路を指定---大規模災害時

  10. 世界最大級客船の名前は「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」に決定…ロイヤル・カリビアン

アクセスランキングをもっと見る