ヒュンダイのSUV サンタフェ 、米国でリコール…シートベルト警告音が鳴らない

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイ・サンタフェ
  • ヒュンダイ・サンタフェ
  • ヒュンダイ・サンタフェ
  • ヒュンダイ・サンタフェ
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)の主力SUV、『サンタフェ』。同車の最新モデルが米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、サンタフェに関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、シートベルト未装着警告の不具合が原因。NHTSAによると、サンタフェの前席シートベルトバックル内の配線が、シートの高さ調整を行うことで損傷する可能性があり、その場合、前席乗員がシートベルトを装着していなくても、警告音が鳴らないという。

リコールの対象となるのは、2016-2017年モデルとして、米国で販売された3万4200台。2015年9月上旬から、2016年2月中旬にかけて生産された車が、リコールに該当する。

ヒュンダイモーターアメリカは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において点検を行い、前席シートベルトバックル内の配線を、正しい位置へ移設するリコール作業を行う。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品