ヒュンダイのSUV サンタフェ 、米国でリコール…シートベルト警告音が鳴らない

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイ・サンタフェ
  • ヒュンダイ・サンタフェ
  • ヒュンダイ・サンタフェ
  • ヒュンダイ・サンタフェ
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)の主力SUV、『サンタフェ』。同車の最新モデルが米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、サンタフェに関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、シートベルト未装着警告の不具合が原因。NHTSAによると、サンタフェの前席シートベルトバックル内の配線が、シートの高さ調整を行うことで損傷する可能性があり、その場合、前席乗員がシートベルトを装着していなくても、警告音が鳴らないという。

リコールの対象となるのは、2016-2017年モデルとして、米国で販売された3万4200台。2015年9月上旬から、2016年2月中旬にかけて生産された車が、リコールに該当する。

ヒュンダイモーターアメリカは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において点検を行い、前席シートベルトバックル内の配線を、正しい位置へ移設するリコール作業を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

    【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  3. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

    【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  4. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  5. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  6. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  7. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  8. アバルト全モデル、フィアット正規ディーラー全国79店舗での販売を開始

  9. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  10. JXエネルギー、ガソリン卸価格を4.3円引き上げ…6月

アクセスランキングをもっと見る