【ホンダ クラリティ フューエルセル】SFチックではなく人とクルマが寄り添う先進性

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
ホンダ『クラリティ フューエルセル』のインテリアは、“アドバンスドモダンラウンジ”というコンセプトでデザインされたという。

「先進テクノロジーと、心が満たされる空間との調和を目指した」とは本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオ矢口史浩さんの弁。その先進とは、「映画に出てくるSFのような空間が新しいと感じるかもしれない。しかし、我々はそうではなく、人とクルマが寄り添い、温かみがある。そういった空間が先進的なインテリアだと考えている」と話す。そこで、「シンプルで素材感をもたせ、温かみやくつろげるような空間を目指して開発した」と述べる。

先進感に関しては、「メーターやセンターディスプレイのインターフェイスで感じさせている」という。センターディスプレイはステアリングから手を離すことなく操作出来(オーディオやナビゲーションなどの表示切り替えはステアリングスイッチによって手を離さずに操作が可能)、また、ヘッドアップディスプレイも運転に集中出来るようなインターフェイスを作り上げた。「そういった部分が先進的なテクノロジーと、豊かでリラックス出来るような空間との調和を目指したのだ」と語った。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品