【大阪モーターサイクルショー16】ローライダーSとCVO プロストリート ブレイクアウトが初公開…ハーレー

モーターサイクル 新型車

大勢の人で賑わうハーレーダビッドソンブース。
  • 大勢の人で賑わうハーレーダビッドソンブース。
  • 日本初上陸のCVO プロストリート ブレイクアウト。
  • 大勢の人で賑わうハーレーダビッドソンブース。
  • 日本初上陸のローライダーS。
  • 日本初上陸のCVO プロストリート ブレイクアウト。
  • 日本初上陸のローライダーS。
  • 大勢の人で賑わうハーレーダビッドソンブース。
  • 日本初上陸のローライダーS。
ハーレーダビッドソンのブースでは発表したばかりのニューモデル2台、『ローライダーS』と『CVO プロストリート ブレイクアウト』が本邦初披露された。

いずれもキノコ型のハイフローエアフィルターをセットした110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載。超弩級とも言えるビッグトルクが醍醐味なのは言うまでもない。

ローライダーSはビキニカウルとトールバーを備え、前後サスペンションに「プレミアムライドショック」とネーミングされるカートリッジ式フロントフォーク、エマルジョン式リアショックを採用。北米仕様ではライセンスプレートをサイドマウントするが、今回披露した日本仕様ではセンターマウントされている。

CVO プロストリート ブレイクアウトは、インナーチューブ径43mmの倒立式フロントフォークや240mmのリアタイアを装着したアグレッサーホイールが特徴。フォワードコントロールと低いシートで、地を這うようなライディングポジションで乗るロングでダークなモデルだ。

さらに「Asterisk」「Cherry’s Company」「Custom works Zon」「Duas Caras Cycles」「Luck Motercycles」といった日本の有力ビルダーらがビルドアップした『ストリート750』のカスタムを一堂に集めてディスプレイしているのも見逃せない。

また、実際に跨ってライディングポジションなどを確かめられる展示車も多数用意している。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  2. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

    ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  3. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  4. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  5. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  6. ハーレーダビッドソン三鷹、アジアパシフィックNo.1ディーラーに

  7. 【ホンダ CTX1300 試乗】クルーザーの新境地を開拓、V4エンジンの“スポーツクルーザー”…和歌山利宏

  8. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  9. ラビットヘッドをあしらった「プレイボーイ」コラボメット発売

  10. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

アクセスランキングをもっと見る