JFEエンジニアリング、電池交換型EVごみ収集車の実証実験を開始…廃棄物発電を活用

自動車 ビジネス 企業動向

JFEエンジニアリングと川崎市は、廃棄物発電を活用した「ゼロ・エミッションシステム」によるごみ収集の実証試験を、川崎市浮島処理センター(川崎市川崎区)で開始した。

廃棄物発電を活用した「ゼロ・エミッションシステム」によるごみ収集実証実験は、ごみ焼却発電施設で発電する電力を活用し、電池交換型EVごみ収集車を使う日本初の実証試験となる。

廃棄物発電を活用し、走行中のCO2排出量・排出ガスがゼロで、オール電動化によって静音な運行・作業が可能となる。EV電池は、ボタン一つでスピーディに交換できるほか、電池交換型EVごみ収集車の電池を、災害対策拠点などの非常用電源としても活用できる。

実証試験では、電池交換型EVごみ収集車の車両の性能確認や電池ステーションの動作確認、災害時の非常用電源としての電池の活用を検証する。

両者は、実証試験を経て、電池交換型EVごみ収集車を活用したごみ収集の実用化を目指す。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品