【SUPER GT 岡山テスト】初日のGT500トップタイムはWAKO'S 4CR RC F…レクサス&BS勢が上位占める

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

#6 レクサスRC F (GT500クラス)
  • #6 レクサスRC F (GT500クラス)
  • #31 PRIUS apr GTと#25 VivaC 86 MC(ともにGT300クラス)
  • #55 BMW M6 GT3(GT300クラス)
  • #63 ランボルギーニ HURACAN GT3(GT300クラス)
  • #36 レクサスRC F (GT500クラス)
  • #37 レクサスRC F (GT500クラス)
  • #12 日産GT-R (GT500クラス)
  • #100 ホンダNSX(GT500クラス)
19日、岡山国際サーキットでSUPER GTの公式テストが始まった。初日のGT500クラストップタイムは、LEXUS Team LeMans WAKO'SのRC F、大嶋和也&アンドレア・カルダレッリが記録している。

岡山国際サーキットのファン感謝デーと併催のかたちになる2日間の公式テスト。これまでも各地でGT500各陣営を中心にテストが重ねられてきてはいるが、開幕戦を3週後に控えたタイミングでの、開幕戦開催コースでの大規模合同テストである。非常に重要な位置付けのテストとなることは間違いないところだ。

GT500クラスが15台、GT300クラスは27台で、計42台の参加。カラーリングのイメージが昨季から大きく変わったチームや、未塗装の部分を残すマシンもGT300には多く見られるなど、開幕近しとはいえ、まだまだテスト中、という雰囲気も併せつつの走行セッションとなっている。初日午前は開始時点がウエットで、徐々に乾いていく方向の路面推移。午後はドライ。

午前のセッションでは、#12 カルソニック IMPUL GT-R(安田裕信&J-P.デ・オリベイラ/タイヤはブリヂストン=BS)が唯一の1分19秒台となる1分19秒776でGT500のトップタイムを記録。2~5番手にはBS装着のレクサスRC F勢が4台、いずれも1分20秒台で続いた。BS以外のタイヤ装着車では、1分21秒039で6位の#46 S Road CRAFTSPORTS GT-R(本山哲&千代勝正/ミシュラン=MI)が最上位。

あくまでもテストなので、ベストタイムの順番だけでは占えない面も大きいが、この日は午後もベストタイムシート上の優位をBS勢が維持した。4台のRC Fに#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴&伊沢拓也)、そして#12 GT-Rという計6台のBS装着車が1分20秒を切り、そのなかでRC Fが1-2-3-4を独占。#6 WAKO'S 4CR RC F(大嶋&カルダレッリ)だけは1分18秒台に入り、1分18秒877で午前午後総合トップとなった。

大嶋和也のコメント
「午前中はコースが濡れたままだったので、あまり無理をしても、ということで、アンドレア(カルダレッリ)がクルマの確認をした程度でした。午後は(コースも)乾いてきたのでアンドレアがタイヤをテストして、僕がタイムを出していくパターンで走りました。最後に1度、ちょっとアタックをして出たのが今日のベストタイム。完璧なアタックでもなかったと思うし、まだまだタイムは上がると思います。

シーズンオフにマシンがずいぶん速くなっています。特にエンジンのパワーは明らかに上がっていました。これであと少しドライバビリティを改善してもらえると、素晴らしいタイムが出せると思います。

これまでも僕らは開幕戦(岡山)で好調だったし、(岡山で過去2年)勝っているアンドレアが加わったことで、チームとしても今年は必勝、とモチベーションが上がっています。スポンサーさんが変わり、カラーリングも変わったりしたので、ここ(開幕戦)で勝って、チームの一体感を高めてシーズンに臨みたいですね」

#6 RC Fを走らせるチームルマンは、昨季を最後に第一線から引退した脇阪寿一が監督に就任したチーム。かつて2002年に脇阪がGT500初王座を獲得した古巣でもあるが、まずは幸先のいい出足となったようだ。

初日の午前午後総合のGT500クラス上位タイムは以下の通り。タイヤ的にはBSが1-2-3-4-5-6、マシン的にはレクサスRC Fが1-2-3-4を占めている(GT500では6位の#12 GT-Rのみ、午前のタイムの方がわずかに速かった)。

1位 #6 レクサスRC F(大嶋和也&A.カルダレッリ/BS)1分18秒877
2位 #36 レクサスRC F(伊藤大輔&N.キャシディ/BS)1分19秒349
3位 #37 レクサスRC F(J.ロシター&平川亮/BS)1分19秒521
4位 #39 レクサスRC F(H.コバライネン&平手晃平/BS)1分19秒559
5位 #100 ホンダNSX(山本尚貴&伊沢拓也/BS)1分19秒736
6位 #12 日産GT-R(安田裕信&J-P.デ・オリベイラ/BS)1分19秒776
7位 #1 日産GT-R(松田次生&R.クインタレッリ/MI)1分20秒034
8位 #24 日産GT-R(佐々木大樹&柳田真孝/ヨコハマ=YH)1分20秒050

新車ラッシュのGT300クラスでは、午後に1分27秒521をマークした新型(ZVW50型)プリウス、#31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀&中山雄一/BS)が総合トップタイム。総合2番手は午前首位だった#2 シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂&加藤寛規/YH)で、総合3番手は午前午後とも2番時計の#25 VivaC 86 MC(土屋武士&松井孝允/YH)と、昨季から本格導入されたマザーシャシー(MC)使用車が2-3を占めている。

総合4番手は#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人&山内英輝/ダンロップ=DL)。この日はベストタイムの序列に関する限り、マザーシャシー使用車(2&3位)を含めた“JAF-GT勢”に区分されるマシンたちがトップ4と優位だった。総合5番手は、国産ブランドだがFIA-GT3規定車である日産GT-R NISMO GT3の#3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹&J.マーデンボロー/YH)。

ドイツやイタリアのFIA-GT3規定ニューカー勢では、6番手タイムの#55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一&小林崇志/BS)が最高位。まだまだ、いろんな意味で手探りし合っている状態なのかもしれない。

テストは明日(20日)も続き、午前午後とも約2時間ずつの走行セッションが予定されている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ルマン24時間16】トヨタ5号車が停止した瞬間[動画]

    【ルマン24時間16】トヨタ5号車が停止した瞬間[動画]

  2. ホンダ NSX 新型、パイクスピークにスタンバイ完了[動画]

    ホンダ NSX 新型、パイクスピークにスタンバイ完了[動画]

  3. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  4. 【MotoGP 第15戦日本GP】早くも完売席が続出…観戦チケット販売中

  5. 【鈴鹿8耐】アニメ「ばくおん!!」とコラボ、内山夕実/木戸衣吹によるコラボステージも

  6. 【MotoGP 第8戦オランダ】中上貴晶がMoto2クラスで待望の初優勝

  7. 【MotoGP 第8戦オランダ】大雨で波乱のレース展開に、ジャック・ミラーが初優勝

  8. 【SUPER GT 第6戦】レクサス、VIPスイート付き特別観戦プログラムの応募受付を開始

  9. 2016 ドリフトエンジェルス、夏コスチュームを発表…アップガレージ

  10. 【サーキット美人2016】スーパー耐久シリーズ『2016 ENDLESS LADY』

アクセスランキングをもっと見る