新宿と日光・鬼怒川、JR東武直通特急10周年…新たな世界遺産ルートも[フォトレポート]

鉄道 企業動向

JR&東武 特急直通運転10周年式典、JR新宿駅長・北村壽秀氏と東武日光駅長・加藤哲也氏(新宿駅5番ホーム、3月18日)
  • JR&東武 特急直通運転10周年式典、JR新宿駅長・北村壽秀氏と東武日光駅長・加藤哲也氏(新宿駅5番ホーム、3月18日)
  • JR・東武 特急直通運転10周年式典(JR新宿駅5番ホーム、3月18日)
  • JR東北線と東武日光線が接続する栗橋駅周辺
  • JR&東武 特急直通運転10周年式典、左から東武日光駅長・加藤哲也氏、日光観光大使・書道家 涼風花氏、JR新宿駅長・北村壽秀氏(新宿駅5番ホーム、3月18日)
  • 世界遺産「日光の社寺」の玄関、神橋
  • JR東北線と東武日光線が接続する栗橋駅周辺
  • JR・東武 特急直通運転10周年式典(JR新宿駅5番ホーム、3月18日)
  • JR&東武 特急直通運転10周年式典、左から東武日光駅長・加藤哲也氏、日光観光大使・書道家 涼風花氏、JR新宿駅長・北村壽秀氏(新宿駅5番ホーム、3月18日)
新宿と世界遺産「日光の社寺」や鬼怒川を結ぶJR・東武 直通特急が、3月18日で誕生10周年を迎えた。かつての競合2社がタッグを組み、首都圏と日光・鬼怒川の間を行く“王道”として、さらに存在感を際立たせているなか、マイカー利用客や高速バスにも動きが出てきた。

競争から協調へ。新宿~東武日光・鬼怒川温泉間の2社直通特急は、JR東北線・東武日光線の栗橋駅に連絡線を設置したうえで、2006年3月18日に運転を開始。JRは成田エクスプレスで使用されていた253系(1991年登場)を、東武は100系「スペーシア」(1990年)を投入し、両区間を2時間で結んでいる。JR車使用の列車は、季節によって八王子・横浜・千葉方面発着も設定される。

この直通列車誕生10周年を記念し、3月18日、新宿駅5番ホームを10時31分に発つ「スペーシアきぬがわ3号」の前で式典が行われ東武日光駅長・加藤哲也氏、日光観光大使・書道家 涼風花氏、JR新宿駅長・北村壽秀氏が登場。車内で乗客に記念品プレゼントなども行った。

JR・東武をはじめ、日光市や同観光協会は、さらなる誘客へ向けたキャンペーンを実施。割安な「えきねっとトクだ値(乗車券つき)」や「東武カード会員限定 JR・東武 日光・鬼怒川往復きっぷ」などの期間限定販売、日光・中禅寺・湯元エリアの宿泊者などへの“オリジナル電車コースター”のプレゼント、往復列車+日光エリア宿泊券が当たるプレゼント企画などが設定される。

また、高速バスも“日光需要”に向けて動く。関東自動車(栃木県宇都宮市)と千葉交通(千葉県成田市)は、共同運行する高速バス・宇都宮~成田空港線「マロニエ号」の一部便を、4月22日から日光まで延長。訪日外国人観光客やLCC利用客の増加にあわせ、成田空港と日光を圏央道経由で直結する便を設定する。

マロニエ号も通る圏央道は、2015年9月に神崎IC~大栄JCT間が開通したことで、栃木県内と成田空港の間が都心経由ではなく茨城県側を通るルートで結ばれた。この短絡ラインによって、「インバウンドや、千葉・茨城のナンバーの客も多く見かけるようになった」と日光市などは話していた。

「北海道新幹線も走り出す。道内からの“陸路客”にも期待するし、北海道へ行く途中にも日光に立ち寄ってほしい」。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

    JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

  2. JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

    JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

  3. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  4. 西日本大雨でJR3社の鉄道路線が運休…土砂災害も発生

  5. JR東日本、上越新幹線で新潟の「朝採り」枝豆を車内販売…7月から

  6. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  7. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  8. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  9. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  10. JR北海道、江差線の運行体制構築などで基本合意

アクセスランキングをもっと見る