エアロキング、厨房+テラス席に大改造…新潟を駆けるレストランバス、4月末から

自動車 ニューモデル 新型車

3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
  • 3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
  • 3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
  • 3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
  • 3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
  • 3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
  • 3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
  • 3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
  • 3月15日に都内で公開されたレストランバス。2階建て三菱ふそう『エアロキング』がベースで、4月30日から新潟を駆ける
4月30日から毎週土曜日、新潟にレストランバスが走り出す。車体は2階建てバスの三菱ふそう『エアロキング』で、1階にキッチン、2階に25人ぶんの客席。透明ポリカーボネート製開閉式ルーフで、開放的な空間で地域の食を味わいながら、農園での収穫体験などを楽しめる。

仕掛けたのは、高速バスのウィラーグループとコンサルティングのウマリ。もともと「エグゼクティブ」や「バリュー」などのシートが配置されていたエアロキングを、北陸のメーカーで改造。1階にオール電化調理機器や水まわり機材、発電機などを搭載したため、「だいぶ重くなった。出だしのアクセルでそれを感じる」と関係者は話していた。

7月31日までの設定コースは2タイプ。“土曜ランチ”は、新潟駅を出発し、今代司酒造見学、福島潟周遊、タカギ農園収穫体験を経て新潟駅に戻る。“土曜ディナー”は、発着地が新潟駅であることはランチ版と同じで、太田農園収穫体験、佐潟散策、フェルミエワイナリ―見学、足湯・いわむろや土産購入を経由する。

動くレストランを支える発電機は、カミンズ・オナン車載用ガソリン仕様「5.5 HGJAE」と「2.8 HGJBB」の2機で、トランクルーム内(後輪上方)に搭載されている。この2つの発電機で200kgほど。

この発電機のほか、給水タンク200kg、キッチン機材354kg、透明ルーフ500kg、座席・テーブル655kg、冷蔵庫・カウンタ50kgなどで、定員時の全重量は19.76トン。保安基準をクリアしているという。

ピンクのバスで知られるウィラーの新たな“食堂車”は赤いボディで登場した。関係者は「赤は食欲を増進させる、活力を感じ気持ちが前向きになる」という。1980年代に登場した東海道・山陽新幹線向け100系には、このレストランバスと同じく、1階にキッチン、2階に客席を設置した食堂車が存在した。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. 【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

    【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

  4. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  5. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  6. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  7. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  8. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  9. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  10. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

アクセスランキングをもっと見る